郷ひろみの宴ターテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郷ひろみの宴ターテイメント
TV Asahi Roppongi Center.JPG
番組の収録が行われたテレビ朝日旧社屋(写真は放送された1989年当時)
ジャンル 特別番組音楽番組
放送時間 水曜19:30 - 20:53
(10月25日のみ水曜19:00 - 20:53)
(83&113分)
放送期間 1989年4月19日 - 同年10月25日(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 疋田拓
プロデューサー 疋田拓(総合) / 中村元一
出演者 郷ひろみ
ほか(#ゲストを参照)
テンプレートを表示

郷ひろみの宴ターテイメント』(ごうひろみのえんターテイメント)は1989年4月19日からテレビ朝日で制作、放送された郷ひろみが初めて司会をつとめた音楽番組である。郷ひろみの冠番組

概要[編集]

1989年4月19日から毎月1回「水曜スーパーテレビ」(旧「水曜スペシャル」の枠)19:30から20:53に第一回から第三回までは生放送で、第四回以降はスタジオ収録形式で放送された。生放送、収録ともにテレビ朝日の第7スタジオで行われ放送回数は全6回。

制作スタッフのプロデューサー・演出はフジテレビで『夜のヒットスタジオ』のプロデューサー・演出をしていた疋田拓が担当[1]。番組の構成作家やスタジオを飾るオーケストラバンド、音楽監督など主要スタッフは『夜のヒットスタジオ』のスタッフをそのまま起用していた。

当時音楽番組に弱かったとされるテレビ朝日は、同時期に『アイドル共和国』(担当は疋田拓)も毎週土曜日に生放送することとなった。司会・ホスト役が郷ひろみ、番組担当者が疋田拓、90分の音楽番組という内容から、開始時には他局の音楽番組担当者も注目し、「できることなら自分の番組の裏ではやってほしくない」などのコメントまで出た[2]。また第4回、第5回の放送には郷ひろみの司会パートナーとして芳村真理も出演、フジテレビからは「もう勘弁してくれ」などの声が出たと噂が飛び交った[2]

しかし、期待したほどの視聴率は取れず放映は半年間に止まり、最終回の10月25日には「特集美空ひばり追悼番組」として30分の拡大枠で放送された[3]

番組テーマ曲[編集]

※タイトルバック、オープニングで毎回この曲を郷ひろみが生歌披露で始まるというパターンだった。

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画: 皇達也
  • 構成:塚田茂玉井貴代志、鈴木桂、和山泰明、山賀淳子 / スタッフ東京
  • 音楽:広瀬健次郎
  • 振付:西条満
  • 踊り:スクールメイツ
  • 演奏:三原綱木とザ・ニューブリード / エンターテイメント'89
  • 技術(TD):宮崎輝夫、杉村俊明
  • カメラ:宮田一、黒川祐治、松野功夫、辻井明
  • 技術アシスト:生沼登
  • 映像:城口順
  • 音声:大塚良一、宮沢庸介
  • 照明:鈴木秀、高見光平 / バリライトアジア
  • 音響:西村光二、伊藤泰久
  • 美術:妹尾河童 / 高見和彦、石上久、池上隆
  • 美術装置:フジアール / クリエイティブトウキョウ / 佐藤松子、大谷重正
  • 視覚効果:渡部宏一、藤原憲之
  • タイトル:安田達夫
  • 花師:高橋永順
  • 楽器:タバタ音楽事務所
  • スタイリスト:梅原久沙永
  • ディレクター:岩城利明、石黒正人
  • プロデューサー:中村元一
  • 総合プロデューサー・演出:疋田拓[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊テレビガイド』(東京ニュース通信社)1989年4月7日号「CATCH・UP!」25頁 閲覧
  2. ^ a b 『週刊宝石』1989年5月18日号「ライバル局の特番を演出した名物プロデューサーのモラル」208 - 211頁 閲覧。
  3. ^ 噂の真相』1989年11月号「フジテレビのプロデューサーに賭けたテレビ朝日の誤算」66-67頁 閲覧
  4. ^ a b オリジナルコンフィデンス』年鑑(1989年下半期版)第24号 閲覧。