郷力也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

郷 力也(ごう りきや、男性、1950年[1] - )は、日本漫画家大阪府出身[1]。代表作に『ミナミの帝王』(原作:天王寺大)などがある。漫画原作者天王寺大の実兄である。

経歴[編集]

中学卒業後に上京し、1966年に池川伸治のアシスタントになる。当時は「川辺フジオ」のペンネームを名乗り、やがて16歳で『風船よさようなら』でデビューし、以後池川のもとから独立してからも少女漫画の世界で活躍する。やがて1971年青年漫画に移り、『西成無理心中』で再デビュー、ギャンブル劇画などを発表していく。1992年より『ミナミの帝王』の連載を開始する。『ミナミの帝王』の映像化作品においては、出演や監督も行っている。

作品[編集]

  • 雀鬼地獄牌
  • 海のキャンバス
  • おとこ官兵衛
  • ダモクレスの剣-難麻太郎麻雀自伝-(原作:灘麻太郎
  • 難波金融伝・ミナミの帝王(原作:天王寺大)
  • 男 天を突く(原作:天王寺大)
  • 通天の角(原作:天王寺大)
  • ホステスNO.1(原作:京野一郎)
  • キャバ嬢ナガレ(原作:かわさき健)
  • 秘命監察官ドン(脚本:末田雄一郎

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「ミナミの帝王 闇の経済学」 日本文芸社公式サイト内。日本文芸社による著者紹介。[リンク切れ]