郷田勇三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごうだ ゆうぞう
郷田 勇三
生誕 (1940-03-17) 1940年3月17日(78歳)
日本の旗 日本 東京都豊島区雑司が谷
別名 極真の魔法使い
職業 空手家
団体 極真会館郷田道場
肩書き 最高顧問・国際委員会委員長

郷田 勇三(ごうだ ゆうぞう、1940年昭和15年)3月17日 - )は、日本空手家で、極真会館(松井派)最高顧問である[1]東京都出身。 極真空手九段[注釈 1][2]

来歴[編集]

東京都豊島区雑司が谷生まれ。高校時代に「牛と戦う空手家の大山倍達」の噂を耳にするも、道場移転の関係で入門できず、高校卒業直後の1959年(昭和34年)4月、大山道場へ入門した。ボクシング空手かで迷った結果、月謝の安かった大山空手を選択したという。これが空手家として生きていく運命のきっかけとなる。

入門後は大山以下、石橋雅史安田英治黒崎健時らの指導を受けながら修行し、黒帯を取得をする。一時空手から離れるが、芦原英幸中村忠の渡米の見送りに誘われ、羽田空港で大山と再会、これが縁で道場に復帰する。1976年(昭和51年)に極真会館本部道場師範代を経て、東京城東支部を設立し支部長に就任した。

現在は、極真会館最高顧問のかたわら、現役最古参の支部長として松井章圭を補佐しながら、東京城東支部長として道場生の指導に当たっている。

2017年(平成29年)4月、東京城東支部は、名称を「郷田道場」に変更し、極真会館初の個人名による公認道場となった。

エピソード[編集]

本部道場師範代の任にあったものの、長らく専業の職業空手家とならず、日本交通で整備士として勤務していたが大山倍達の命を受け、プロ空手団体・日本空手ファイト協会を設立。この道場が東京城東支部・郷田道場の母体となる。

大山は支部設立の際にタブーとなっていた都内への支部設立を許可しただけでなく、郷田から支部認可料を免除するなど、数ある弟子の中でも特に郷田を可愛がっていたとされている。そのせいか「困ったときの郷田頼み」と言う言葉も生まれた。また、地元に帰郷するつもりだった磯部清次を大山の命で説得し、ブラジルへ行かせたりもした。

松井章圭が第4回オープントーナメント全世界空手道選手権大会前に、国際大山空手道連盟(当時USA大山空手)の大山茂泰彦兄弟の下で稽古を希望したので、その仲介をしている。競技選手を引退後、松井は空手界から一時離れ会社員になっていたが、その後松井が極真会館に復帰した時、郷田の管轄テリトリーである浅草に松井の道場開設を認め、懐の大きさを見せた。

著書[編集]

  • 秘録 極真空手 極真会館最高顧問が見た極真空手  (スキージャーナル 1999/05)
  • 極真カラテ直伝 すぐにできる実戦護身術 (高橋書店 1997/07)
  • 基本技術 最強を目指す人のための 極真空手入門  (スキージャーナル 1996/05)

出演[編集]

映画

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年(平成22年)11月の第42回全日本大会終了後、都内ホテルにて『郷田勇三師範 空手五十周年と古希を祝う会』が催され、松井館長より九段が進呈される。
  1. ^ 極真会館とは. “役員紹介”. 2017年4月21日閲覧。
  2. ^ 2010年-2012年|極真の歴史