郷竹三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郷 竹三
生誕 1881年2月23日
日本の旗 日本 岐阜県
死没 (1933-09-02) 1933年9月2日(52歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1902年 - 1933年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

郷 竹三(ごう たけぞう、1881年明治14年)2月23日[1] - 1933年昭和8年)9月2日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将位階勲等功級正四位勲三等功五級[2]

経歴・人物[編集]

岐阜県出身[1][3]1902年(明治35年)陸軍士官学校第14期卒業[1][4]1913年大正2年)陸軍大学校第25期卒業[1][5]

陸軍重砲兵射撃学校教官を経て、1916年(大正5年)12月に海軍砲術学校教官に転じる[6]1924年(大正13年)10月に野戦重砲兵第8連隊長に発令され、同年12月に陸軍砲兵大佐に進み、1926年(大正15年)3月に砲兵監部部員、1928年(昭和3年)8月に第11師団参謀長を経て、1930年(昭和5年)8月に陸軍少将に進み、砲兵監部附となる[1][3]

ついで、1932年(昭和7年)4月に野戦重砲兵第3旅団長、同年12月に陸軍重砲兵学校長を経て、1933年(昭和8年)9月2日に任官中に没し陸軍中将に特進した[1][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 福川 2001, 296頁.
  2. ^ 『故陸軍中将郷竹三位階追陞ノ件』 - 国立公文書館デジタルアーカイブ、昭和8年9月7日。
  3. ^ a b c 外山 1981, 187頁.
  4. ^ 外山 1981, 183頁.
  5. ^ 外山 1981, 付録第一 11頁.
  6. ^ 『官報』第1304号「叙任及辞令」大正5年12月6日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹 編著 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738。 
  • 外山操 編 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026。