都司嘉宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

都司 嘉宣(つじ よしのぶ、1947年9月21日[1] - )は、日本の地震学者。公益財団法人深田地質研究所客員研究員、防災科学技術研究所客員研究員。元東京大学地震研究所地震火山災害部門准教授

人物[編集]

奈良県生まれ。研究分野は津波歴史地震学、津波検知、高潮学位理学博士(論文、東京大学)。産経新聞で『温故地震』を連載し、過去の被害地震の解説をしている。また「しまりすの親方」というペンネームで、高等学校卒業程度認定試験の問題集や参考書を書き続けている(『しまりすの親方式 高認理数系学習室』学びリンク 2014年など)。自身の娘が高校を中途退学したことで、中学や高校の教育、さらに高卒認定試験などのあり方に問題意識を持つようなったことが執筆のきっかけだったという 。

経歴[編集]

  • 1947年(昭和22年) - 奈良県生まれ。
  • 1960年(昭和35年) - 兵庫県西宮市立上甲子園小学校卒業。
  • 1963年(昭和38年) - 灘中学校卒業。
  • 1966年(昭和41年) - 麻布高等学校卒業。
  • 1970年(昭和45年) - 東京大学工学部土木工学科卒業。
  • 1972年(昭和47年) - 東京大学大学院理学系研究科修士課程(地球物理学専攻)修了。
  • 1982年(昭和57年) - 理学博士(東京大学)。「歴代東海・南海地震、津波の研究」による[2]
  • 1986年(昭和61年) - 東京大学地震研究所助教授。
  • 2008年(平成20年) - 長年に渡り津波防災情報提供に係わる委員会に協力、海洋情報業務に貢献した功績により水路記念日にあたる9月12日付で海上保安庁長官名にて感謝状を授与される。
  • 2011年(平成23年) - 3月11日、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による津波の解説者としてNHKとTBSの番組に相次いで出演。12月に東京大学地震研究所地震災害科学部門准教授。
  • 2012年(平成23年) - 3月31日、東京大学を定年退職。

著書[編集]

  • 知ってそなえよう!地震と津波 ナマズ博士が教えるしくみとこわさ(素朴社 2007年)ISBN 978-4-903773-04-9
  • 富士山の噴火―万葉集から現代まで (築地書館 1992年)ISBN 978-4806710578
  • 千年震災 (ダイヤモンド社 2011年)ISBN 978-4478016114

主要論文[編集]

共著・分担執筆

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.417
  2. ^ 博士論文書誌データベースによる。