都城志布志道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地域高規格道路
(無料)
Miyakonojo-Shibushi Road Route Sign.svg
都城志布志道路
地図
Miyakonojo-Shibushi-road map 2018.png
赤線:開通済み / 青線:未開通
(2018年3月現在)
路線延長 約40.0 km
陸上区間 約40.0 km
制定年 1994年
開通年 2005年 -
起点 宮崎県都城市
都城IC
主な
経由都市
鹿児島県曽於市
終点 鹿児島県志布志市
志布志港
接続する
主な道路
(記法)
E10 宮崎自動車道
E78 東九州自動車道(予定)
Japanese National Route Sign 0010.svg国道10号
Japanese National Route Sign 0221.svg国道221号
Japanese National Route Sign 0269.svg国道269号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
平塚IC - 五十町IC間(宮崎県都城市、都城道路)
今町IC付近(宮崎県都城市、都城東環状線)
梅北IC付近(宮崎県都城市)
末吉IC - 松山IC間(鹿児島県曽於市・志布志市境、末吉松山有明道路)
有明北IC - 伊崎田IC間(鹿児島県志布志市、有明道路)

都城志布志道路(みやこのじょうしぶしどうろ)は、宮崎県都城市宮崎自動車道と接続する都城インターチェンジ (IC) から鹿児島県志布志市志布志港重要港湾中核国際港湾)に至る総延長約40キロメートル (km) の地域高規格道路である。

1994年12月16日に計画路線に指定された。都城ICから五十町ICまでは国道10号バイパスとして、その他の区間は宮崎県道・鹿児島県道のバイパスとして整備される。全線が自動車専用道路で整備される。

概要[編集]

中核国際港湾に指定され飼料輸入を主体とする志布志港と、日本国内有数の食糧供給基地である都城・曽於地域を結ぶ地域高規格道路である。全線開通すれば都城市 - 志布志市間を40分で結ぶ予定だが、2018年現在は部分開通に留まっている。宮崎県内は平塚IC - 金御岳IC間が、鹿児島県内は末吉IC - 有明東IC間がそれぞれ開通している。また、県境部分のいち早い開通を待つ利用者の声も多い[要出典]

都城IC - 五十町IC間は国土交通省、その他の区間は宮崎県・鹿児島県がそれぞれ整備する。2013年度までに全区間が事業化されている。かつての国鉄志布志線と近接したルート[1]計画された道路である。

歴史[編集]

開通予定[編集]

  • 2020年度 : 金御岳IC - 末吉IC間、有明東IC - 志布志IC間開通予定[11][12]
  • 2021年度 : 乙房IC - 横市IC間開通予定[13]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用開始済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用開始されていない、または完成していないことを示す。なお、未開通区間の名称は仮称である。
  • 英略字は右記に記載。IC : インターチェンジ
  • 都城IC - 五十町IC : 国道10号 都城道路
  • 五十町IC - 梅北IC : 宮崎県道12号都城東環状線 都城東環状線
  • 梅北IC - 金御岳IC : 鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線 梅北工区
  • 金御岳IC - 宮崎・鹿児島県境 : 鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線 金御岳工区
  • 宮崎・鹿児島県境 - 末吉IC : 鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線 末吉道路
  • 末吉IC - 有明東IC : 鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線 末吉松山有明道路
  • 有明東IC - 志布志IC : 鹿児島県道63号志布志福山線 有明志布志道路
  • 志布志IC - 志布志港IC : 鹿児島県道63号志布志福山線 志布志道路
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
備考 所在地
3 都城IC E10 宮崎自動車道
国道10号
0.0[14] 宮崎県 都城市
- 高木IC 国道10号[15][16] 0.9 事業中
- 都北IC 市道 山野原前目線[15](都市計画道路 旭通線[16] 1.8
- 乙房IC 県道45号御池都城線[15][16] 5.7[14] 2021年度開通予定[13]
横市IC 市道 母智丘通線[15][16] 8.7[14]
平塚IC 県道2号都城隼人線[15] 11.5[17]
五十町IC 国道10号[15] 13.4[17]
今町IC 国道269号 14.9[17]
梅北IC 県道12号都城東環状線 16.5[17]
金御岳IC 県道109号飯野松山都城線 19.0[18]
この間事業中(2020年度開通予定[11][12]
末吉IC 県道71号垂水南之郷線 24.8[14] 鹿児島県 曽於市
松山IC 県道110号塗木大隅線 29.0[14] 志布志市
有明北IC 県道63号志布志福山線 33.1[14]
伊崎田IC[19] 35.3[14]
有明東IC[19] 県道63号志布志福山線 37.4[14]
- 志布志IC E78 東九州自動車道
県道63号志布志福山線
41.0[14] 2020年度開通予定[11][12]
- 志布志港 44.2[14] 事業中
志布志港臨港道路

整備路線名[編集]

都城道路[編集]

宮崎県都城市高木町の都城ICから同市五十町の五十町ICまでを結ぶ国道10号バイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。全線が自動車専用道路として建設される。2019年現在で横市ICから五十町ICまでが開通している。

都城東環状線[編集]

宮崎県都城市五十町から同市梅北町までを結ぶ宮崎県道12号都城東環状線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。2012年現在で五十町ICから梅北ICまでの全線が開通している。

梅北工区[編集]

宮崎県都城市梅北町の梅北ICから金御岳ICまでに至る鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。梅北IC - 金御岳IC間(2.5 km)は2010年4月に事業着手し[20]、2018年2月3日に開通した[6]

金御岳工区[編集]

宮崎県都城市梅北町の金御岳IC(仮称は諏訪山IC)から宮崎県と鹿児島県の県境までに至る鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線のバイパス道路である。全長2.9 km。都城志布志道路の一部を構成する[21]

末吉道路[編集]

宮崎県と鹿児島県の県境から鹿児島県曽於市末吉町南之郷の末吉ICに至る鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。

末吉松山有明道路[編集]

鹿児島県曽於市末吉町南之郷から同県志布志市有明町伊崎田に至る鹿児島県道・宮崎県道109号飯野松山都城線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。末吉ICから有明北ICまで全線が開通済みである。

2005年(平成17年)2月18日末吉ICから松山ICまでの区間(4.2 km)が暫定2車線で開通した。また、2008年(平成20年)2月15日に松山ICから有明北ICまでの区間(約4 km)も暫定2車線で開通した。

  • 構造:第1種第3級
  • 設計速度:80 km/h
  • 車線数:4車線(暫定2車線)

有明道路[編集]

鹿児島県志布志市有明町伊崎田にある鹿児島県道63号志布志福山線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。有明北ICから有明東ICまでの全線(4.3 km)が2018年3月4日に暫定2車線で開通。事業費は約120億円である[8]

有明志布志道路[編集]

鹿児島県志布志市有明町伊崎田から同市志布志町安楽に至る鹿児島県道63号志布志福山線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。

志布志道路[編集]

鹿児島県志布志市志布志町安楽の志布志ICから志布志港に至る鹿児島県道63号志布志福山線のバイパス道路である。都城志布志道路の一部を構成する。

2019年(平成31年)3月27日一部区間(0.3 km、都城方面行のみ)が開通した[22]

  • 延長:3.2 km
  • 構造:第3種第2級
  • 設計速度:60 km/h

車線・最高速度・料金[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 有料/無料
横市IC - 金御岳IC 2=1+1 70 km/h 無料
末吉IC - 有明東IC

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし曽於市市街地、旧大隅町市街地は、それらの数 km東を通る
  2. ^ 都城志布志道路(松山IC~有明IC)の開通式 - 鹿児島県 2012年3月24日閲覧。
  3. ^ 五十町-梅北の3.2キロ開通 都城志布志道路 - asahi.com 2012年3月24日閲覧。
  4. ^ 『南日本新聞』 2012年3月25日付 13面(平塚-五十町が開通)
  5. ^ 平成25年度国土交通省関係予算概要 (PDF) (国土交通省九州地方整備局2013年5月15日発表、同年5月16日閲覧)
  6. ^ a b 梅北-金御岳、来年2月開通 都城志布志道路”. 宮崎日日新聞 (2017年11月22日). 2017年11月22日閲覧。
  7. ^ 重畠修一「梅北-金御岳 来年2月開通 都城志布志道路」『南日本新聞』2017年11月22日付25面。
  8. ^ a b 浦牛原健「有明北-東 3月4日開通 高規格道 北薩トンネルは25日」『南日本新聞』2017年11月29日付26面。
  9. ^ 国道10号都城道路(横市IC〜平塚IC) 平成31年3月17日(日)16時に開通!! (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 (2019年2月1日). 2019年2月1日閲覧。
  10. ^ 「都城志布志道路「志布志道路」の一部暫定供用」『市報しぶし 2019年3月号 (PDF) 』志布志市役所企画調整課、2019年 p.30
  11. ^ a b c 金御岳-末吉来年度開通 都城志布志道”. 宮崎日日新聞 (2019年5月27日). 2019年5月29日閲覧。
  12. ^ a b c 永野雄一、有田佳織「都城志布志道 金御岳-末吉、有明東-志布志IC 来年度開通へ」『南日本新聞』2019年5月27日22面。
  13. ^ a b 国道10号都城道路 乙房IC〜南横市IC間が平成33年度に開通します。 (PDF)”. 国土交通省九州地方整備局 宮崎河川国道事務所 (2018年2月28日). 2018年3月1日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j 都城志布志道路 - 都城市ポータルサイト
  15. ^ a b c d e f g h i j k 国道10号都城道路パンフレット (PDF)  国土交通省 九州地方整備局 宮崎河川国道事務所(2017年11月29日閲覧)
  16. ^ a b c d 都城市都市計画道路図 都城市土木部都市計画課、2017年4月(2017年11月29日閲覧)
  17. ^ a b c d 地域高規格道路 都城志布志道路 都城東環状線(今町工区) (PDF) - 宮崎県公式ウェブサイト 2011年4月20日閲覧。
  18. ^ 事前評価シート(梅北工区) (PDF) (宮崎県ウェブサイト、2013年5月16日閲覧)
  19. ^ a b 「北薩横断道など 6IC名称決定 鹿県」『南日本新聞』2015年12月2日付4面。
  20. ^ 「都城志布志道路」梅北-諏訪山を整備へ - 宮崎日日新聞 2012年3月25日閲覧。
  21. ^ 事前評価シート(金御岳工区) (PDF) (宮崎県ウェブサイト「平成24年度第1回公共事業評価委員会審議録」、2012年11月7日開催、同年12月5日更新。2019年5月27日閲覧)
  22. ^ 都城志布志道路「志布志道路」の国道220号付近の志布志港から都城方面に向かう片側一車線の開通について

参考[編集]

関連項目[編集]