都市環境工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

都市環境工学(としかんきょうこうがく、: Urban Environmental Engineering)は、大量の近代建築や巨大都市の建設に当たって、少なくとも周辺環境を悪化させないための仕組みや仕掛けとしての都市設備を中心とする学問体系[1]。日本においては、早稲田大学教授尾島俊雄が、1970年に都市環境工学専修を開設し、その初代担当教授になったことに始まる。

人口集中に伴って発生するヒートアイランド問題や大気汚染、都市災害等の発生メカニズム。対応策としての都市インフラストラクチャー地域冷暖房システムなどの都市エネルギーシステム。計画立案や管理段階としてのアセスメント技術ライフサイクルアセスメントを対象領域とする。

都市環境工学の学部・学科を設置している大学[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都市環境学、森北出版

参考文献[編集]

  • 都市環境学森北出版、2003年、第1版第5刷。ISBN 978-4-627-55251-7。