都東顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
都 東顕 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ド・ドンヒョン
ラテン文字 DO Dong-Hyun
ハングル 도동현
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1993-11-19) 1993年11月19日(25歳)
出身地 ソウル特別市
身長 173cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム マレーシアの旗 ケランタンFA
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2013 オーストラリアの旗 ブリスベン・ロアー 3 (0)
2013-2014 日本の旗 FC岐阜 5 (0)
2014 インドの旗 ノースイースト・ユナイテッド 8 (0)
2015-2016 インドの旗 イースト・ベンガル 13 (3)
2017 マレーシアの旗 UiTM 22 (13)
2017- マレーシアの旗 ケランタン
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

都 東顕(ド・ドンヒョン[1]、ト・ドンヒョン、朝鮮語: 도동현、1993年11月19日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身のプロサッカー選手マレーシア・スーパーリーグケランタンFA所属。ポジションは、ミッドフィールダー

来歴[編集]

輔仁高校ではチームの攻撃の中心として活躍[2]2011年10月、U-18韓国代表に選出され、AFC U-19選手権2012の予選に出場[3]。翌年の1月にもU-19韓国代表に選ばれ、代表強化合宿に参加した[4]

高校卒業後、2012年慶熙大学校へ進学したが、海外クラブへの入団を模索し、すぐに中退[5]。入団テストを経て、同年7月にAリーグブリスベン・ロアーFCへ3年契約で加入した[6]。監督の高い評価を得て、開幕戦に途中出場でデビューしたものの、その後は出場機会には恵まれなかった[6]

2013年5月下旬より、JリーグFC岐阜の練習に参加[7]。スピードあふれるドリブルが評価され、7月に岐阜へ正式に移籍加入した[7][1]2014年6月、契約満了により岐阜を退団[8]

同年8月、インディアン・スーパーリーグノースイースト・ユナイテッドFCへ移籍加入[9]

2015年6月27日、イースト・ベンガルFCに移籍[10][11]

2017年1月11日、マレーシア・スーパーリーグのUiTM FCに移籍[12]

2017年11月23日、ケランタンFAに移籍[13][14][15]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 大韓民国の旗 輔仁中学校
  • 大韓民国の旗 輔仁高等学校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2012-13 ブリスベン 16 Aリーグ 3 0 - - 3 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 岐阜 32 J2 2 0 - 0 0 2 0
2014 18 3 0 - - 3 0
インド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2014 ノースイースト ISL - -
通算 オーストラリア Aリーグ 3 0 - - 3 0
日本 J2 5 0 - 0 0 5 0
インド ISL - -
総通算 8 0 - 0 0 8 0

代表歴[編集]

  • U-18韓国代表
    • AFC U-19選手権2012 (予選)
  • U-19韓国代表

脚注[編集]

  1. ^ a b “ド ドンヒョン選手、新加入のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2013年7月17日), オリジナルの2014年8月22日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20140822152638/http://www.fc-gifu.com:80/news/post-2345.html 2017年4月17日閲覧。 
  2. ^ 보인고 FW 도동현한국축구신문、2011年10月20日
  3. ^ U-18 대표팀 AFC U-19 챔피언십 예선 참가 명단KFA--、2011年10月25日
  4. ^ U-19 대표팀 제주훈련 참가명단KFA--、2012年1月15日
  5. ^ U리그 참가대학. 경희대학교 축구부네이버 블로그、2012年3月14日
  6. ^ a b Brisbane sign South Korean DoFootball Federation Australia、2012年7月17日
  7. ^ a b 中村祐輝、ド・ドンヒョン、ヴィンセント・ケイン、新加入3選手デビューかサッカー専門新聞ELGOLAZO web版 BLOGOLA、2013年7月18日
  8. ^ “ド ドンヒョン選手、退団のお知らせ” (プレスリリース), FC岐阜, (2014年6月30日), オリジナルの2014年8月22日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20140822152638/http://www.fc-gifu.com:80/news/post-2345.html 2017年4月17日閲覧。 
  9. ^ ISL: Foreign strikers grab all the attentionStarsports.com、2014年8月21日
  10. ^ i-League Trasnsfers: East Bengal sign South Korean winger Do Dong Hyun http://www.abcdfootball.com/2015/06/east-bengal-sign-do-dong-hyun.html
  11. ^ East Bengal signs Do Dong Hyun as their third foreign player https://www.saddahaq.com/east-bengal-signs-do-dong-hyun-as-their-third-foreign-player
  12. ^ “Uitm FC Sasar Empat Kelompok Teratas Saingan Liga Perdana”. RTM. (2017年1月11日). http://berita.rtm.gov.my/index.php/sport/12259-uitm-fc-sasar-empat-kelompok-teratas-saingan-liga-perdana 2017年12月7日閲覧。 
  13. ^ “Dong-hyun Import Pertama Sertai TRW”. mStar. (2017年11月23日). http://www.mstar.com.my/sukan/bola-sepak/2017/11/23/dong-hyun 2017年12月7日閲覧。 
  14. ^ Kelantan ikat Dong-Hyun https://www.utusan.com.my/mobile/sukan/bola-sepak/kelantan-ikat-dong-hyun-1.559061
  15. ^ Do Dong-hyun pemain import kedua Kelantan http://www.sinarharian.com.my/sukan/do-dong-hyun-pemain-import-kedua-kelantan-1.761571

関連項目[編集]