都沢凡夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都沢 凡夫(みやこざわ ただお、1948年1月23日 - 2015年1月10日)は、日本のバレーボール指導者、筑波大学名誉教授、元バレーボール選手。

来歴・人物[編集]

高校まで[編集]

北海道留萌市生まれ。ヤクルトスワローズ若松勉元監督と留萌中学野球部の同級生である。中学時代は野球部の中心選手として注目されていたがバレーボールは素人だった。

留萌高校で、長身に目を付けられバレー部に強引に入れさせられる。全国大会への出場経験はない。

大学時代[編集]

東京教育大学(現、筑波大学)の新入生の中で一番へたくそ(本人談)だが基礎体力はあったので猛練習をして中心選手として活躍した。

実業団時代[編集]

富士フイルムに入団後すぐにレギュラーの座を勝ち取り、全日本候補にもなった。しかし、1年目から故障に見舞われ、何度か復帰したものの目立った成績を残せないまま8年で引退。

指導者時代[編集]

筑波大学に戻り大学院で学び、1978年に母校のコーチに就任。その後筑波大学男子バレー部の監督となる。推薦入学を国立大学でいち早く導入し、主力になる推薦入学生と一般入学生ミックスの和を重んじたチーム作りを開始し、部は徐々に力をつけ、90年代後半以降、黄金期を作る。2000年以降は法政大学日本体育大学早稲田大学近畿大学順天堂大学東海大学大阪商業大学などを凌駕し最強チームを作り上げた。

一方、2002年にはつくばユナイテッドVOLLEYBALLを設立する(のちNPO法人化)。2005年には、同団体のトップチームであるつくばユナイテッドSun GAIAの監督に就任し、同2006年よりNPO法人つくばユナイテッドVOLLEYBALLの総代表となる。2008年つくばユナイテッドSun GAIAチームディレクター。

2012年3月定年により筑波大学を退官。元日立リヴァーレ所属の都沢みどりは三女[1]

2015年1月10日に66歳で死去[2]。叙従四位瑞宝小綬章受章。[3]

所属チーム履歴[編集]

北海道留萌高等学校 - 東京教育大学 - 富士写真フイルム - 筑波大学大学院 - 筑波大学監督、ユニバーシアード日本代表監督、つくばユナイテッド監督。

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 2012年6月号 116-117ページ

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『月刊バレーボール』2015年5月号 141ページ
  2. ^ 都沢凡夫さん死去 元筑波大バレー部監督、中垣内ら指導 朝日新聞 2015年1月11日閲覧
  3. ^ 2015年2月27日官報