都筑峯暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

都筑 峯暉(つづき みねてる、生没年不詳)は、幕末旗本都筑峯重の子。通称は金三郎。官途は従五位下、駿河守、但馬守。

生涯[編集]

御徒頭、外国掛目付を歴任し、安政5年(1858年)に父の急死により家督を相続する。神奈川奉行、先手鉄砲頭を歴任し、駿河守に叙任され、火付盗賊改となる。文久2年(1862年)に勘定奉行元治元年(1864年)には江戸北町奉行となり、一時免職となるが、慶応2年(1866年)に勘定奉行に再び登用された。慶応4年(1868年)、一橋家家老となる(当時は但馬守)。明治維新以降の動向は不明。

参考文献[編集]