都鳥伸也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

都鳥 伸也(とどり しんや)は、1982年11月、岩手県北上市生まれ、日本映画プロデューサー日本映画学校(現・日本映画大学)映像科16期卒業。

同じく映画プロデューサーの都鳥拓也とは双子の兄弟である。

 略歴 [編集]

2004年日本映画学校卒業後、映画監督・武重邦夫の主宰する『Takeshigeスーパースタッフ・プログラム』に参加。地域の文化に根ざした映画の発信を目指し、映画の企画・製作・配給について学ぶ。このとき企画した『いのちの作法』(小池征人監督)をプロデューサーとして、2005年8月から2008年1月まで約2年半をかけて製作。翌年、2009年7月にはプロデュース第2作目となる『葦牙-あしかび- こどもが拓く未来』(小池征人監督)を発表する。

2010年、新作映画『希望のシグナル』を製作開始。企画・製作のほか、監督を担当する。

主な作品[編集]

  • 『いのちの作法』(プロデューサー・2008年)
  • 『葦牙 あしかび こどもが拓く未来』(プロデューサー・2009年)
  • 『希望のシグナル』(企画・監督 ※現在、製作中。2012年完成予定)

 出典 [編集]

略歴(『希望のシグナル』サポーターズ・クラブ公式サイト)