鄭ギョン鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「鄭暻鎬」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
鄭 暻鎬 Football pictogram.svg
名前
カタカナ チョン・ギョンホ
ラテン文字 Chung Kyung-Ho
ハングル 정경호
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1980-05-22) 1980年5月22日(38歳)
出身地 江原道三陟市
身長 179cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
2003-2006 大韓民国の旗 韓国 41 (6)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

鄭 暻鎬(チョン・ギョンホ、ハングル: 정경호ラテン翻字: Chung Kyung-Ho, 1980年5月22日 - ) は、韓国江原道三陟市出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW右ウインガー)。(「ギョン」は日偏に景)

経歴[編集]

クラブ[編集]

成徳小学校-注文陣中学校-江陵商業高等学校-蔚山大学校を経て、2003年に蔚山現代FCに入団。2004年、軍に入隊して光州尚武フェニックスの選手となる。2006年に除隊して、2007年からは蔚山現代に復帰。 2007年前半期シーズンが終わった後、 林裕煥とともに全北現代モータースにトレードされた。 2009年、故郷である江原道に新設された江原FCに移籍。

代表[編集]

2003年9月27日のオマーン戦で代表デビュー。2004年、アテネオリンピックオーバーエイジとして出場した。2006年6月、軍人身分で唯一ドイツワールドカップのメンバーに選ばれた。しかし韓国代表が戦った全3試合で一度も出場はなかった。

エピソード[編集]

  • 同年齢の朴智星とは大親友で、2007年冬の結婚式に際して自身の新婦と共に3ショットでウェディング撮影をした[1]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出典[編集]