鄭世翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鄭世翼(てい せいよく、生没年不詳)は、文人本貫鄭州滎陽県

経歴[編集]

北周の儀同大将軍鄭敬徳の孫にあたる。武徳年間、万年県丞や揚州録事参軍をつとめた。あるとき舟の上で崔信明に出会うと、「公には『楓落呉江冷』の文章があると聞く。できればそのほかのものも見せていただきたい」と頼んだ。崔信明は喜んで取り出すと、世翼は見終わらないうちに「見たところ聞くに及ばないようだ」と言って水に投げ捨て、舟を引いて去っていった。貞観年間、誣告を受けて巂州に流され、配所で死去した。

著作に『交遊伝』のほか、『文集』8巻があった。

伝記資料[編集]

  • 旧唐書』巻190 列伝第140上 文苑上
  • 新唐書』巻201 列伝第126 文芸上