鄭鎬溶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鄭鎬溶
鄭鎬容
各種表記
ハングル 정호용
漢字 鄭鎬溶
発音: チョン・コヨン
日本語読み: てい・こうよう
ローマ字 Chung Ho-Yong
テンプレートを表示

鄭 鎬溶(チョン・ホヨン、1932年9月10日 - )は、韓国軍人政治家

経歴[編集]

大邱出身。陸軍士官学校卒(11期)。全斗煥盧泰愚とは陸士同期で、軍内部の私的組織であったハナフェの一員でもあった。

1979年12月12日粛軍クーデターの際には、大邱からソウルに戻る途中で、関与はしなかった。

全斗煥が大統領に就任してから政府要職に任命され、光州事件時には特戦司令官であった。しかし、鄭自身は自分が鎮圧を指示したわけではないと述べていた。

1987年内務部長官、次いで国防部長官。1988年、大邱選挙区から国会議員選挙に出馬し当選。が、盧泰愚政権下で進められた過去史究明で、議員辞職を余儀なくされた。その後、1992年の国会議員選挙にも出馬して当選したが、金泳三政権下での過去史究明では、有罪判決を受け、収監された。

金大中政権により釈放されたが国会議員選挙には落選。2002年大統領選挙では、鄭夢準を支援した。

  • 정호용 - 大韓民国憲政会に掲載されている鄭鎬容のプロフィール
軍職
先代:
黄永時
大韓民国陸軍参謀総長
第25代:1983年12月16日 - 1985年12月15日
次代:
朴熙道
公職
先代:
金宗鎬
大韓民国内務部(現大韓民国行政安全部
第45代:1987年1月20日 - 1987年5月26日
次代:
高建
先代:
李基白
大韓民国国防部
第25代:1987年7月13日 - 1988年2月24日
次代:
呉滋白
先代次代の人物については、秦郁彦編『世界各国の制度・組織・人事』(東京大学出版会、2001年)を参照した。