酒井利雄 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

酒井 利雄(さかい としお、1891年明治24年)7月7日[1] - 1969年昭和44年)2月3日[2][3][4])は、大正から昭和期の実業家政治家衆議院議員参議院議員、福井県会議長、福井県坂井郡鳴鹿村長

経歴[編集]

福井県[2][3][4]坂井郡鳴鹿村楽間[5]丸岡町[5]を経て現坂井市丸岡町楽間)で、酒井利右衛門の長男として生まれる[6]。1916年(大正5年)家督を相続した[6]。土木建築請負業を営む[6][7]

鳴鹿村会議員を経て1934年(昭和9年)鳴鹿村長に就任[2][3][5]。福井県会議員に選出され、同議長も務めた[2][3][5]。1942年(昭和17年)4月、第21回衆議院議員総選挙翼賛政治体制協議会の推薦を受け福井県全県区から出馬して当選し[2][3][4][5]、衆議院議員を1期務めた[2][3]。この間、翼賛政治会政調鉄道・農林兼務委員などを務めた[7]。戦後、日本進歩党に所属し[2]、その後、公職追放となった[8]。追放解除後、1953年(昭和28年)4月の第3回参議院議員通常選挙福井県地方区から自由党公認で出馬して当選し[2][3][4][5][9]、参議院議員に1期在任した[2][3]。この間、自由党党務委員、同会計監督、同福井県支部長、自由民主党福井県支部連会長、参議院逓信委員長などを務めた[2][3][4]

また、農政・土木建築に精通し[5]、水力発電所工事、架橋工事、永平寺鉄道工事、農地造成工事、国営鳴鹿堰工事(現九頭竜川鳴鹿大堰に改修)などを担い[5]、福井県森林組合連合会長、酒井建設工業社長、桐生競艇施設社長、坂井木材社長、丸岡製氷社長、飛島組(現飛島建設)取締役、福井放送取締役、福井駅ビル取締役などを務めた[2][3][4][7]

伝記[編集]

  • 酒井利雄伝記編纂委員会編『酒井利雄伝』酒井建設工業、1961年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院『第八十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1942年、22頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』292頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』320頁。
  4. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』269頁。
  5. ^ a b c d e f g h 『福井県大百科事典』367頁。
  6. ^ a b c 『人事興信録 第14版 上』サ112頁。
  7. ^ a b c 『翼賛議員銘鑑』192頁。
  8. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、522頁。公職追放の該当事項は「推薦議員」。
  9. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』459頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。