酒井圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
酒井 圭一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県壱岐市
生年月日 (1958-06-01) 1958年6月1日(61歳)
身長
体重
185 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト1位
初出場 1977年4月21日
最終出場 1990年7月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

酒井 圭一(さかい けいいち、1958年6月1日 - )は、長崎県壱岐市出身の元プロ野球選手投手)、スカウト。現役時代の愛称は「サッシー[1]。これは当時話題となった未確認動物ネッシー」にちなむ、怪物を意味するものだった[1]

来歴・人物[編集]

長崎・海星高では1976年、高校3年の夏に、長崎・西九州大会の予選計7試合で70奪三振、失点1の好成績をあげる。このうち2試合はノーヒットノーラン、長崎大会3回戦の島原中央高戦では16連続奪三振を記録した[1]。西九州大会決勝で龍谷高を降し同年の夏の選手権に出場。3回戦で、黒田真二應武篤良山崎隆造小川達明らを擁して春夏連覇を目指した崇徳高完封し、長崎県勢として24年ぶりに準決勝進出を果たす[1]。準決勝ではPL学園高の中村誠治(早大日産自動車)、米村明と投げ合い惜敗するが、同大会では5試合で被安打16奪三振40失点6の成績で、サッシー旋風を巻き起こした[1]。同年秋の佐賀若楠国体でも決勝に進むが、またもやPL学園に敗れ準優勝にとどまる。1年下のチームメートに遊撃手平田勝男がいる。

1976年ドラフト1位でヤクルトスワローズに入団。当時の松園尚巳オーナーも長崎出身で、酒井を大変可愛がっていたという。入団交渉の際に酒井に提示された契約金は3000万円だったが、松園の計らいで手取りで3000万円貰えるようにと800万円上乗せされた[1]

超高校級の評価を受け、1年目から先発で起用されるが結果を残せず低迷。3年目のオープン戦では打球が顔面に直撃し左頬陥没骨折の大怪我を負う。1980年には4勝4セーブを記録するが、その後は中継ぎとして起用され、1984年に自己最多の42試合に登板。しかし度重なる故障に悩まされ続け、1990年野村監督に促され現役引退。

引退後もヤクルトに所属し、まずは打撃投手をつとめ、2014年現在はヤクルトのスカウトを務めている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1977 ヤクルト 6 5 0 0 0 0 2 0 -- .000 89 19.0 27 6 6 0 1 8 0 0 17 14 6.63 1.74
1979 24 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 203 44.2 51 10 24 1 1 31 0 0 43 33 6.60 1.68
1980 28 3 0 0 0 4 3 4 -- .571 229 55.1 47 6 25 1 4 37 3 2 21 19 3.11 1.30
1981 14 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 79 20.0 19 4 7 2 0 15 1 0 12 12 5.40 1.30
1982 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 40 9.1 10 3 4 0 0 4 0 0 7 7 7.00 1.50
1983 15 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 89 19.1 30 8 2 0 1 8 0 0 16 16 7.45 1.66
1984 42 0 0 0 0 1 2 0 -- .333 269 64.0 71 10 10 1 3 26 2 0 37 36 5.06 1.27
1985 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 55 12.0 13 1 9 0 0 0 0 0 9 9 6.75 1.83
1986 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 20 3.2 7 0 1 0 0 2 0 0 5 5 12.27 2.18
1987 28 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 183 43.1 45 8 14 4 3 22 1 0 21 19 3.95 1.36
1988 34 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 214 50.1 51 3 22 3 2 22 2 0 21 16 2.86 1.45
1989 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 8.0 10 1 1 0 0 5 1 0 5 5 5.63 1.38
1990 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 2.0 8 1 5 0 0 1 0 0 8 7 31.50 6.50
通算:13年 215 11 0 0 0 6 12 4 -- .333 1524 351.0 389 61 130 12 15 181 10 2 222 198 5.08 1.48

記録[編集]

  • 初登板・初先発:1977年4月21日、対大洋ホエールズ5回戦(明治神宮野球場)、6回2失点で勝敗つかず
  • 初勝利:1980年4月30日、対横浜大洋ホエールズ3回戦(神宮)、3回表無死から3番手で救援登板、4回1/3を1失点
  • 初セーブ:1980年5月7日、対阪神タイガース4回戦(岡山県野球場)、9回裏2死から3番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初先発勝利:1980年8月7日、対読売ジャイアンツ17回戦(神宮)、7回1失点

背番号[編集]

  • 18 (1977年 - 1983年)
  • 23 (1984年 - 1990年)
  • 99 (1991年 - 1998年)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 【11月29日】1976年(昭51) ヤクルト、怪物サッシーに破格の契約金”. スポーツニッポン (2007年11月29日). 2013年8月31日閲覧。
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P21