酒井大祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
酒井 大祐
Daisuke Sakai
サントリーサンバーズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-10-22) 1981年10月22日(36歳)
出身地 福島県南相馬市
ラテン文字 Daisuke Sakai
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
所属 サントリーサンバーズ
愛称 ダイスケ
役職 コーチ
ポジション L
指高 230cm
利き手
スパイク 315cm
ブロック 300cm
テンプレートを表示

酒井 大祐(さかい だいすけ、1981年10月22日 - )は、日本の男子元バレーボール選手で現指導者。ポジションはリベロ。女子バレーボール元選手の平山恵は妻である(元JTマーヴェラス)。

来歴[編集]

福島県原町市 (現南相馬市)出身。実姉の影響で石神二小学2年よりバレーボールを始めた[1]。その後石神中、相馬高と進学し、エースとして活躍する[1]。2000年東海大へ進学、リベロに転向する[1]。大学の同期に阿部裕太全日本インカレでは2003年に優勝、2001年、2002年に準優勝、2000年3位に貢献した。

2004年、日本たばこ産業(JT)に入社、JTサンダーズに入団。同期に町野仁志飯塚俊彦[2]全日本代表に選出され、2004年ワールドリーグに出場したものの、アテネ五輪代表からは落選した[3]。同年、第53回黒鷲旗選抜大会でベストリベロ賞を受賞した。

2006年8月、JTを退社しJTサンダーズとプロフェッショナル契約を結ぶ[3][4]。2007年には天皇杯制覇に貢献した[5]。2008年には北京五輪において再び代表候補になるも落選した[3]。同年11月末、右膝外側半月板を損傷し手術、2009年4月に復帰した[6]2010年の世界選手権全日本メンバーに選出されている[7]

2011年に起こった東日本大震災の際、酒井の実家や母校が被災したものの家族は無事だった[8][9]

2014年3月16日の豊田合成戦で通算230試合出場となりVリーグ栄誉賞[10]。2013/14VプレミアリーグにおいてJT10年ぶりの準優勝、翌2014/15シーズンにはJT史上初のリーグ優勝に貢献し、2年連続でレシーブ賞、2014/15シーズンでは更にサーブレシーブ賞との2冠を達成した。ただJT側の若返り方針から、同シーズン終了後契約満了となった[11]

2015年8月に開催された第18回アジア選手権で優勝に貢献し、自らもベストリベロ賞に輝いた[12]。同年9月、サントリーサンバーズは酒井の入団を発表した[13]

2017年11月26日、古巣の対JTサンダーズ戦に出場、通算出場セット数が1159となり男子のVリーグ記録を達成した[14]。2018年4月、第67回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会をもって現役引退が発表され[15]、5月にサントリーのコーチ就任が発表された[16]

球歴[編集]

全日本代表 - 2004年、2008年-

受賞歴[編集]

  • 2004年 - 第53回黒鷲旗選抜大会 ベストリベロ賞
  • 2014年 - 2013/14Vプレミアリーグ レシーブ賞、Vリーグ栄誉賞(長期活躍選手)
  • 2015年

所属チーム[編集]

個人成績[編集]

シーズン 所属 出場 レセプション 備考
試合 セット 受数 成功率
2003/04 JT 1 3 14 85.7%
2004/05 17 61 389 85.3%
2005/06 27 105 549 71.2%
2006/07 28 117 633 73.3%
2007/08 28 106 561 73.3%
2008/09 5 18 83 80.7%
2009/10 28 103 568 72.9%
2010/11 24 97 510 67.1%
2011/12 21 84 368 69.3%
2012/13 28 108 568 70.1%
2013/14 27 106 525 73.0%
2014/15 21 79 390 74.6% 成功率1位
通算 255 987 5149 72.9%

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c インタビュー”. JTサンダーズ公式. 2015年5月4日閲覧。
  2. ^ JT、新人トリオ急成長 Vリーグ男子6日開幕”. 中国新聞 (2004年11月3日). 2015年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c 男子バレーボール 酒井大祐”. 中国新聞 (2008年4月25日). 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月26日閲覧。
  4. ^ 酒井大祐選手がJTとプロ選手契約”. JTサンダーズ公式 (2006年8月). 2015年5月4日閲覧。
  5. ^ 第51回中国スポーツ大賞”. 中国新聞. 2012年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月26日閲覧。
  6. ^ JTリベロ、酒井復帰へ 全日本選抜バレー来月1日開幕”. 中国新聞 (2009年4月24日). 2015年5月4日閲覧。
  7. ^ 「2010男子バレーボール世界選手権」のエントリーメンバーに酒井大祐選手が選出されました”. JTサンダーズ公式 (2010年9月). 2015年5月4日閲覧。
  8. ^ 酒井大祐 選手”. thunders cafe (2011年8月4日). 2015年5月4日閲覧。
  9. ^ "酒井大祐". すぽると! 2011年5月19日放送分. フジテレビ. 2011年5月19日放送. 2015年5月4日閲覧。
  10. ^ Vリーグ機構. “酒井大祐選手Vリーグ出場通算230試合出場について”. 2015年5月4日閲覧。
  11. ^ JTリベロ酒井が退団へ”. 中国新聞 (2015年4月7日). 2015年5月4日閲覧。
  12. ^ worldofvolley.com. “ACH M: Kunihiro Shimizu won the MVP award”. 2015年8月9日閲覧。
  13. ^ サントリーサンバーズ. “酒井大祐選手入団のお知らせ”. 2015年9月3日閲覧。
  14. ^ サントリーサンバーズ・酒井大祐選手がVリーグ男子「通算出場セット数」新記録を達成!”. Vリーグ機構. 2017年11月27日閲覧。
  15. ^ 勇退選手のお知らせ”. サントリーサンバーズ (2018年4月2日). 2018年6月7日閲覧。
  16. ^ 2018/19シーズン サンバーズ チーム体制”. サントリーサンバーズ (2018年5月25日). 2018年6月7日閲覧。
  17. ^ Vリーグ機構. “2014/15V・プレミアリーグ男子大会V・レギュラーラウンド 最終結果のお知らせ”. 2015年2月23日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]