酒井忠全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
酒井 忠全
時代 江戸時代後期
生誕 文化12年(1815年
死没 文化14年11月3日1817年12月10日
改名 左京(幼名)→忠全
幕府 江戸幕府
播磨姫路新田藩
氏族 雅楽頭酒井家
父母 父:酒井忠質

酒井 忠全(さかい ただやす)は、播磨姫路新田藩の第3代(最後)の藩主。

文化12年(1815年)、第2代藩主・酒井忠質の子として生まれる。翌文化13年(1816年)、父が死去したため家督を継いだ。しかし文化14年(1817年)11月3日に死去した。享年3。嗣子がいるはずもなく、ここに姫路新田藩は完全に廃藩となった(幕末の動乱関連(反逆勢力への加担行為)で取り潰された2藩を除けば、最後の大名の改易となった)。