酒井忠正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
酒井忠正
Sakai Tadamasa.jpg
酒井忠正
生年月日 1893年(明治26年)6月10日
出生地 日本の旗 日本東京府東京市本郷区[1]
没年月日 1971年(昭和46年)2月16日
出身校 京都帝国大学法学部
称号 伯爵

内閣 阿部内閣
在任期間 1939年 - 1940年

日本の旗 貴族院議員
選挙区 伯爵互選で当選
在任期間 1923年 - 1945年
テンプレートを表示

酒井 忠正(さかい ただまさ、1893年(明治26年)6月10日 - 1971年(昭和46年)2月16日)は、日本政治家華族貴族院議員、貴族院副議長農林大臣勲一等瑞宝章伯爵、中央農業会長、日本中央競馬会理事長、横綱審議委員会初代委員長、相撲博物館初代館長、雅楽頭系酒井家26代当主、大東文化学院総長・大東文化学院専門学校校長(第11代)などを歴任した。

人物[編集]

備後福山藩の最後の藩主だった阿部正桓の次男として生まれ、旧姫路藩酒井家酒井忠興の娘・秋子を娶り婿養子となる。1918年(大正7年)に京都帝国大学法学部を卒業する[1]

1923年(大正12年)9月に貴族院議員となり、1945年(昭和20年)12月まで務める。阿部内閣にて農林大臣を務める。

政治的には右翼運動に近づき、東洋人の自覚と文化の普及に努めるためとして亜細亜文化協会を結成し、後に金鶏学院を経て黒維会となった。黒維会は1931年(昭和6年)の満州事変以降に親軍的反政党政治的「新官僚」運動の思想的な母体となった[2]。1930年にドイツを訪問しナチス党の幹部ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書官と会談した忠正は機関紙『黒維』で「独逸国民社会党の真相」という論文を出すなど日本でも高まってきた国家社会主義運動を形式的模倣で終わらせないようナチス理解を広める役割も果たしていた[3]。その後、黒維会は日本全国各地に勢力を伸ばし、当時日本領だった朝鮮半島にも勢力を広げた[4]。国民精神総動員運動にも参加し、翼賛会総務、翼政協委員、翼政会常任総務などを歴任した[1]

第二次世界大戦後は戦犯として逮捕されたが、解除後にはヒロポン患者更生の復光会会長、中央競馬会理事長、横綱審議会委員長などを歴任した[1]。日本中央競馬会第3代理事長として、アジア競馬会議の開催を提唱し、1960年(昭和35年)に実際に開催するなど、日本競馬の国際的な地位向上に努めた。

また大相撲横綱審議委員会初代委員長、日本プロレス協会初代会長を務めるなど日本のスポーツ界にも足跡を残した。

特に角界では当時を代表する好角家とされ、「相撲の殿様」と呼ばれていた[1]。1954年に彼の膨大なコレクションを基礎として相撲博物館が開館し、初代館長となった。膨大な資料を駆使して著された『日本相撲史』(上・中巻、ベースボールマガジン社)は下巻が未完に終わったが、相撲史研究のバイブルとされている。双葉山定次とも深い親交があり、双葉山が谷風梶之助 (2代)の連勝記録を更新したことを最初に知らせている(それまでの最多連勝記録が谷風の63連勝であることを認定したのも彼である[5])。

略歴[編集]

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 新訂 政治家人名事典 明治~昭和『酒井 忠正』 - コトバンク
  2. ^ 小田部雄次 2006, p. 236.
  3. ^ 小田部雄次 2006, p. 236-238.
  4. ^ 小田部雄次 2006, p. 238.
  5. ^ 酒井忠正 相撲随筆 1995年5月 ベースボール・マガジン社
  6. ^ 『朝日新聞』1946年10月6日一面。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  8. ^ 『官報』第93号「叙任及辞令」1927年4月23日。

参考文献[編集]

  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366。

関連項目[編集]

公職
先代:
伍堂卓雄
第17代農林大臣
1939年-1940年
次代:
島田俊雄
日本の爵位
先代:
酒井忠興
伯爵
姫路酒井家第2代
1919年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)
その他の役職
先代:
創設
相撲博物館館長
初代 : 1954年 - 1968年
次代:
石井鶴三
先代:
有馬頼寧
日本中央競馬会理事長
1957年 - 1962年
次代:
石坂弘