酒井忠用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
酒井忠用
時代 江戸時代
生誕 享保7年11月27日1723年1月3日
死没 安永4年9月27日1775年10月21日
墓所 福井県小浜市空印寺
幕府 江戸幕府
若狭小浜藩主
氏族 酒井氏
父母 酒井忠音、武藤氏
兄弟 忠通忠存忠用忠与
正室:松平定儀の娘
娘(森川俊孝正室)、娘(加藤泰武正室)、
娘(酒井忠鄰正室)、娘(酒井忠実室)
養嗣子:忠与
空印寺の墓

酒井 忠用(さかい ただもち)は、江戸時代の中期大名京都所司代若狭国小浜藩第7代藩主。小浜藩酒井家8代。

人物[編集]

第5代藩主酒井忠音の四男。夭逝した兄・忠存の跡を継いで藩主となった。延享4年(1747年奏者番寺社奉行、同年大坂城代宝暦2年(1752年)京都所司代。宝暦7年(1757年隠居し、家督を弟の忠与に譲る。安永4年(1775年)没した。

経歴[編集]

官歴[編集]