酒井杏之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

酒井 杏之助(さかい きょうのすけ、1893年3月16日 - 1980年11月4日)は、日本銀行家第一銀行頭取や、同行会長第一勧業銀行相談役全国銀行協会連合会会長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

東京府生まれ。静岡県出身。旧制東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)を経て、1922年旧制東京商科大学(現一橋大学)専攻部卒業、第一銀行入行。太平洋戦争中の1943年に帝国銀行取締役調査部長に昇格。日本の降伏後、1946年帝国銀行常務取締役となる。1948年第一銀行副頭取。1951年から第一銀行頭取を務め[1][2]、世論の反対が強い中、川崎製鉄千葉製鉄所(のちのJFEスチール東日本製鉄所千葉地区)建設の支援にあたるなどした[3]。1962年第一銀行会長。1971年第一勧業銀行相談役。この間、全国銀行協会連合会会長、東京商工会議所副会頭、龍門社理事長等も務めた[1][2]

著書[編集]

  • 『自未得度先度他』炉発行所 1929年
  • 『滿支視察談』第一銀行人事課 1939年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 酒井杏之助(読み)さかい きょうのすけコトバンク(デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説)
  2. ^ a b 「酒井 杏之助(読み)サカイ キョウノスケ」コトバンク(20世紀日本人名事典の解説)
  3. ^ 第2回「立派な事務所を作る金があるなら、工場に使う」日経ビジネスオンライン2012年7月13日(金)


先代:
佐藤喜一郎
全国銀行協会連合会会長
1952年 - 1953年
次代:
千金良宗三郎
先代:
佐藤喜一郎
全国銀行協会連合会会長
1957年 - 1958年
次代:
小笠原光雄