酒井氏忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

酒井 氏忠(さかい うじただ、生年不明 - 文明2年10月11日(新暦1470年11月3日))は室町時代西三河地方の豪族で松平氏の武将。左衛門尉系酒井氏の初祖。松平親氏(太郎左衛門尉)の庶子といわれる酒井広親の子。系譜によれば嫡子として忠勝、兄弟に家忠がいる。

概要[編集]

酒井氏は始祖とされる広親の子の代で、雅楽頭系左衛門尉系に分かれたとされ、新井白石の『藩翰譜』によれば、広親の子の一人である氏忠が通称を初め小五郎・将監、後に左衛門尉としている。

参考文献[編集]

  • 新井白石(原著)『新編 藩翰譜 第一巻 』人物往来社、1967年