酒匂秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

酒匂 秀一 (さこう しゅういち、1887年(明治20年)2月2日 - 1949年(昭和24年)7月23日)は、日本の外交官ロシア通として知られ、南洋協会理事長等を務めた[1]

ポーランド特命全権大使在任中、ナチス・ドイツによるポーランド侵攻に際し、1939年(昭和14年)1月ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラー総統とポーランド外務大臣ユゼフ・ベック大佐の直接会談を実現。ソヴィエト連邦牽制のため、ドイツとポーランドの友好を維持しようとした[2]。また、在ソヴィエト連邦大使館一等書記官を務めていた際には、ヨシフ・スターリンによる大粛清を逃れてきた共産党員勝野金政を保護した。

仏文学者の渡辺一民は女婿[3]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『通商上に於ける日印新關係に就て(經濟研究叢書 ; 第47輯) 』(日本工業倶樂部經濟研究會, 1933年)

脚注[編集]

  1. ^ [1]20世紀日本人名事典
  2. ^ 山崎雅弘『ポーランド電撃戦』
  3. ^ 『人事興信録』1995年、渡邊一民の項。
  4. ^ 『東京高等商業学校一覧 大正元-2年』127頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『東京高等商業学校一覧 大正元-2年』東京高等商業学校、1891-1912年。