酒折駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
酒折駅
駅舎
駅舎
さかおり
Sakaori
石和温泉 (3.4km)
(2.9km) 甲府
所在地 山梨県甲府市酒折一丁目1-10
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 131.2km(東京起点)
電報略号 オリ←ヲリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,203人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1926年大正15年)2月11日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

酒折駅(さかおりえき)は、山梨県甲府市酒折一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

歴史[編集]

1926年(大正15年)開業当時の酒折駅。背後に見える山(砕石場)は採掘が始まったばかりで、現在では姿が大きく異なる。
旧駅舎(2006年1月)

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線のあわせて2面3線を有する地上駅。のりばは駅舎側から1番線、2番線、3番線である。ホームは嵩上げされていない。甲府駅管理の業務委託駅(JR東日本ステーションサービス委託)。

駅舎は単式ホームの脇に位置するが低い場所にあるので単式ホームから階段を数段下って行く。単式ホームから駅舎への通路の途中から島式ホームへ行く通路が分かれており、この通路を通り線路をくぐる地下道を経由して階段を上ると、島式ホームに到達できる。無人になる時間帯があるため自動改札機ではなく簡易Suica改札機が設置されている。駅舎内部は駅事務室と待合所があり、待合所には自動券売機が設置されている。なお、この自動券売機はSuicaの履歴表示は可能だが印字はできない。

新駅舎竣工後も出改札口は南口のみで、駅北側に山梨学院中学高等学校などが存在することから南北地下通路の工事が行なわれ、2009年3月に完成した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 中央本線 下り 甲府韮崎小淵沢方面  
2 中央本線 下り 甲府・韮崎・小淵沢方面 待避列車
上り 塩山大月八王子新宿方面
3 中央本線 上り 塩山・大月・八王子・新宿方面  

2番線は特急列車の待避などに使われるのみであるが、3番線と一括で上りホームと案内されているにもかかわらず、上りは隣の甲府駅で特急列車と普通列車の接続が多く行われるため当駅で特急列車の待避が行われることは少なく、この2番線に入線する普通列車は、下りの5本だけである。

  • ホームは10両編成までに対応する。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員2,203人である[利用客数 1]。これは、特急一部停車駅の塩山駅山梨市駅より利用者が多い。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,671 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,609 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,533 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,577 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,625 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,669 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,669 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,692 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,807 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,917 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 2,057 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 2,063 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 2,144 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 2,249 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 2,170 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 2,283 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 2,274 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 2,203 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

酒折駅南北自由地下通路
駅南口より県道酒折停車場線を望む

同駅は甲府市東部の住宅地にあり、駅東方にある山崎三差路は、東京・新宿で甲州街道と分かれた青梅街道青梅大菩薩峠を経由)が、再び甲州街道と合流する交差点である。山梨学院大学、同短期大学及び同中学高等学校並びに同小学校に加え、山梨県立甲府東高等学校の最寄駅であるため、朝夕の通学時間帯を中心に学生・生徒・児童の利用が多い。駅前には学生向けマンションがあり、その東側には同大学の駐車場や関連施設などがある。駅西側に隣接して鉄道関連の企業があり敷地内には線路架線腕木式信号機が設置されているのが見える。また、駅付近には酒折宮甲斐善光寺など観光名所も多く存在している。

なお、酒折宮や山梨学院中学高等学校など駅北側に行く際には、駅舎から西側の線路沿いに続く細い側道を通り、踏切を超える必要があったが、2009年3月に完成した南北自由地下通路により、アクセスの利便性や安全性が向上した。

周辺施設[編集]

バス路線[編集]

駅南口の国道411号上に酒折駅入口バス停があり一般路線バスが停車する。また、駅から徒歩5分の場所に山梨学院大学バス停があり[2]、前述の一般路線バスのほか高速バスが停車する。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
酒折駅入口
山梨学院大学
  90 山梨英和大学入口・石和八幡宮・御所 御所循環 山梨交通
91   山梨英和大学
98 山梨英和大学 石和温泉駅
99 山梨英和大学入口・石和温泉駅 山梨県立博物館
  山梨英和大学入口・石和八幡宮・一宮温泉病院・甲州市勝沼支所 塩山駅 平日のみ
K2 山梨英和大学入口・石和温泉駅・山梨県立博物館・下黒駒・河口湖駅富士急ハイランド 富士山駅
内野
富士急バス 内野行きは夏季以外の平日のみ
K3 山梨英和大学入口・石和温泉駅・山梨県立博物館・下黒駒 富士山駅 新倉河口湖トンネル経由
  山梨英和大学入口・石和温泉駅入口・山梨県立博物館 下黒駒
  90・98 甲府市立図書館入口・甲府駅・長塚 敷島営業所 山梨交通
99 甲府市立図書館入口・甲府駅・甲府工業高校 敷島営業所
98 甲府市立図書館入口 甲府駅
    酒折宮 平日のみ
  甲府市立図書館入口 甲府駅 富士急バス
山梨学院大学   中央高速バス甲府線 中央道日野 バスタ新宿(南口) 山梨交通
富士急バス
京王バス東
一部の臨時便は新宿西口
竜王・甲府 - 羽田空港線   羽田空港 山梨交通
京浜急行バス
竜王・甲府 - 成田空港線   成田空港 山梨交通
千葉交通
竜王・甲府 - 横浜線   横浜駅 山梨交通
京浜急行バス
土休日・学休期のみ

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
中央本線
石和温泉駅 - 酒折駅 - 甲府駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月19日閲覧。

関連項目[編集]