酒津焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

酒津焼(さかづやき)は岡山県倉敷市酒津で焼かれる陶器

概要[編集]

1869年(明治2年)に倉敷の豪商であった岡本末吉が地元の良質の陶土に目を付け、窯場を開いたのが始まり。当初は食器など日用雑器を焼いていた。明治後半〜大正年間には隆盛を極め、県土全体のみならず、香川県まで市場を拡大した。だが好景気も長く続かず、後に有田瀬戸に押され衰退する。ところが、民芸運動柳宗悦浜田庄司バーナード・リーチらが来訪、民窯としての方向性を示し、指導に当たった。それにより酒津焼は一変、大量生産、大量消費型の日用雑器作りから花器や茶器など趣のある民芸陶器が主流となった。

酒津焼の特徴[編集]

酒津焼の特徴は、何と言っても器が分厚く、堅牢である。また飾りの少ない意匠で、灰釉を中心とした色であるために地味であるが、その独特の味わいは時に自然派と形容される。