酒見寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
酒見寺
Sagamiji02s3200.jpg
楼門から金堂を望む
所在地 兵庫県加西市北条町北条1319
位置 北緯34度56分8.5秒
東経134度49分46.5秒
座標: 北緯34度56分8.5秒 東経134度49分46.5秒
山号 泉生山(せんしょうざん)
宗派 高野山真言宗
本尊 十一面観音
創建年 (伝)天平17年(745年
開基 (伝)行基聖武天皇(勅願)
札所等 新西国三十三箇所第29番
播磨西国三十三箇所第16番
文化財 多宝塔重要文化財
鐘楼・梵鐘(兵庫県文化財)
法人番号 3140005017493
テンプレートを表示

酒見寺(さがみじ、さがみでら)は兵庫県加西市にある高野山真言宗仏教寺院山号は泉生山(せんしょうざん)、本尊十一面観世音菩薩聖武天皇勅願寺と伝え、開基行基とされる。新西国三十三箇所第29番札所。

歴史[編集]

寺伝によれば、天平17年(745年)、酒見明神(住吉神社)の神託を受けた行基が聖武天皇に奏上し、寺号を酒見寺として住吉酒見社の東隣に開創したという。

平安時代から毎年勅使の参詣が行われていた名刹は、2度全山を焼失している。平治元年(1159年)の平治の乱での全山焼失の際は二條院の勅により再建、天正年間(1573年1592年)にも兵火で全山が焼失した。その後、江戸時代に入り、姫路城主となった池田輝政が姫路城の守護寺に定めて援助を行い、池田家の転封後は本多忠政の援助を受け、寛永年間(1624年1643年)に江戸幕府の命を受けた実相院隆恵が再興した。さらに江戸幕府3代将軍徳川家光が朱印寺と定め、代々将軍から朱印状を下附されて隆盛するなど、これまで天皇幕府により厚く保護されてきた。

境内[編集]

北条町の街中にあり、住吉神社と隣接する。間には小さながあり、石橋でつながっている。南端に楼門があり、そこから北に延びる参道の左右に地蔵堂、多宝塔、新観音堂、常行堂が建つ。参道の突き当たりに本堂が建ち、東側に鐘楼 、裏手には御影堂と、土塀に囲まれて庫裏と護摩堂、位牌堂が建つ。

  • 本堂(根本堂) - 元禄2年(1689年)再建。入母屋造、裳階付、二層屋根、本瓦葺、平入り。本尊の十一面観音、脇仏持国天、多聞天を安置。
  • 多宝塔 - 国の重要文化財寛文2年(1662年)再建。彩色、折衷様。屋根の上重は桧皮葺、下重は瓦葺となっている。
  • 鐘楼- 兵庫県指定文化財。寛文4年(1664年)再建。彩色、折衷様。梵鐘も兵庫県指定文化財。
  • 楼門 - 加西市指定文化財、江戸時代文政8年(1825年)再建。三間一戸、入母屋造、本瓦葺、神田左衛門作
  • 引聲堂(常行堂) - 阿弥陀堂、安産堂とも。播州酒見の念仏道場
  • 御影堂 - 本尊弘法大師
  • 新観音堂
  • 地蔵堂
  • 弁天堂
  • 護摩堂 - 歴代天皇と、歴代徳川将軍の位牌をまつる

主な仏像[編集]

行事[編集]

  • 8月11日 - 引聲会

札所[編集]

新西国三十三箇所
客番 浄土寺 -- 29 酒見寺 -- 30 金剛城寺
播磨西国三十三箇所
15 法楽寺 -- 16 酒見寺 -- 17普光寺

所在地[編集]

〒675-2312 兵庫県加西市北条町北条1319

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]