酢昆布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中野の都こんぶ

酢昆布(すこんぶ)とは、をベースにした調味料で味を付けた昆布の事。駄菓子の一種である。おつまみなどにも用いられる。

銘柄としては、中野物産の「中野の都こんぶ」などがある。

酢の役割[編集]

酢昆布における酢の役割は主として次の2つが挙げられる。1つは調味するためである。昆布に酸味を付け、食欲増進させるのである。もう1つは昆布を柔らかくするためである。酢酸などの有機酸には昆布の主成分であるアルギン酸を軟化させる作用がある[1]

主な製造会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アルギン酸の加水分解における有機酸の影響”. 2018年11月12日閲覧。
  2. ^ 武居智子、角田武、鳥飼新市『駄菓子大全』(とんぼの本, 新潮社, 1998年5月)、53頁

関連項目[編集]

  • 銀魂(漫画) 登場人物の一人、神楽の好物であり、中野物産から販売されている「都こんぶ」とのコラボ商品「神楽の酢昆布」がジャンプフェスタ等で販売されていたことがある。