酸化レニウム(IV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
酸化レニウム(IV)
識別情報
CAS登録番号 12036-09-8 チェック
PubChem 82847
EINECS 234-839-0
特性
化学式 ReO2
モル質量 218.206 g/mol
外観 灰色の斜方晶
密度 11.4 g/cm3[1]
融点

1000 °Cで分解[2]

への溶解度 不溶
alkaliへの溶解度 不溶
構造
結晶構造 斜方晶, oP12
空間群 Pbcn, No. 60
危険性
安全データシート(外部リンク) Aldrich MSDS
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
1
0
関連する物質
その他の陰イオン 酸化レニウム(VII)
酸化レニウム(III)
塩化レニウム(III)
その他の陽イオン 酸化マンガン(IV)
酸化テクネチウム(IV)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酸化レニウム(IV)(Rhenium(IV) oxide)は、化学式ReO2無機化合物である。二酸化レニウムとも呼ばれる。灰色から黒色の結晶性固体で、触媒等として用いられる。金紅石型の構造を取る。

合成と反応[編集]

酸化レニウム(IV)は、均等化によって生じる[3]

高温では、逆に不均化が起こる。

アルカリ性の過酸化水素及び酸化性酸との反応で、過レニウム酸が生じる[4]。融解水酸化ナトリウム中でレニウム酸ナトリウムを形成する[5]

出典[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998). Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.). CRC Press. p. 484. ISBN 0-8493-0594-2. http://books.google.com/?id=lFjg0L-uOxoC&pg=PT869&dq=%22Rhenium(IV)+oxide%22#PPT869,M1 2008年6月5日閲覧。. 
  2. ^ Perry, Dale L.; Phillips, Sidney L. (1995). Handbook of Inorganic Compounds. San Diego: CRC Press. p. 328. ISBN 0-8493-8671-3. http://books.google.com/?id=0fT4wfhF1AsC&pg=PA328&dq=%22Rhenium(IV)+oxide%22 2008年6月5日閲覧。. 
  3. ^ G. Glemser "Rhenium (IV) Oxide" Handbook of Preparative Inorganic Chemistry, 2nd Ed. Edited by G. Brauer, Academic Press, 1963, NY. Vol. 1. p. 1480.
  4. ^ RHENIUM DIOXIDE - Manufacturer”. Aaamolybdenum.com. 2012年8月6日閲覧。
  5. ^ G. Glemser "Sodium Rhenate (IV)" Handbook of Preparative Inorganic Chemistry, 2nd Ed. Edited by G. Brauer, Academic Press, 1963, NY. Vol. 1. p. 1483.