醍醐兼純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
醍醐兼純
時代 江戸時代中期
生誕 延享4年10月16日1747年11月18日
死没 宝暦8年4月21日1758年5月27日
官位 従三位権中納言
主君 桃園天皇
氏族 一条家醍醐家
父母 父:一条兼香、養父:醍醐兼潔
兄弟 一条道香鷹司基輝一条富子兼純、良演、顕子、郁子、重子
養兄弟:鷹司輔平
養子:冬香
テンプレートを表示

醍醐 兼純(だいご かねずみ)は、江戸時代中期の公卿太政大臣一条兼香の庶子。右大臣醍醐兼潔の養子。官位従三位権中納言醍醐家4代当主。

経歴[編集]

寛延3年(1750年)に叙爵した。宝暦元年(1751年)に未だ男子がなかった醍醐兼潔の養子となるが、ちょうど同じ年に兼潔に実子・冬香が誕生したため、冬香は兼純の養子となった。兼純は冬香が成長するまでのいわゆる中継ぎ的な当主であったと思われる。

宝暦5年(1755年)に従三位・左近衛中将となって公卿に列し、宝暦8年(1758年)には権中納言に任じられたが、同年12歳で早世した。家督は養子の冬香がそのまま継いだ。