醍醐忠敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
醍醐忠敬
Daigo Tadayuki.jpg
醍醐忠敬
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 嘉永2年10月4日1849年11月18日
死没 明治32年(1899年5月23日
官位 従三位
主君 明治天皇
氏族 醍醐家
父母 父:醍醐忠順
兄弟 忠告、忠敬一条忠貞、忠直、好子、親子、輝子
為子[1]忠重、信子[2]、静子[3]
テンプレートを表示

醍醐 忠敬(だいご ただゆき)は、江戸時代後期の公家。権大納言醍醐忠順の次男。官位従三位。維新後は留守権判官、元老院議官錦鶏間祗候後陽成天皇の男系八世子孫である。

経歴[編集]

戊辰戦争の際には奥羽鎮撫副総督として各地を転戦。この功で永世賞典禄六百石を下賜し従三位に任命された。明治期には留守権判官、元老院議官を歴任した。明治23年(1890年)10月20日、元老院が廃止され非職となり[4]錦鶏間祗候を仰せ付けられた[5]

兄・忠告が病弱であったため、弟の忠敬の方が家督継承者として相応しいとみられた。そして忠敬が醍醐家の家計を握ると、忠告に対しては僅かな金銭を送るだけとなり、忠告は草履の鼻緒を縫う内職[6]で日銭を稼ぐような境遇に陥った。明治29年(1896年)に忠告が亡くなると、忠敬が正式に襲爵者となった。この後、同居していた忠告の長男・格太郎を更に冷遇するようになり、明治32年(1899年)3月に格太郎は麹町の醍醐邸を出て、乳母の息子の家に厄介になった。格太郎は高利貸しに借りた金がこの時点で400円に膨らんでいたが、侯爵である醍醐家にも政府からの賜金は議会開会時の1000円を除いて無く、裕福と言えない状態であったため、格太郎に工面してやる余裕は無かった[7]

同年5月23日午後7時、父・忠順の邸宅で忠敬が四条隆平と談笑していた際、侵入した格太郎に頭部と頸部を拳銃で一発ずつ撃たれて死亡した。長女の為子も重傷を負った。格太郎は四条によって取り押さえられ、通報を受けた警察によって逮捕された[8]。12月28日、格太郎に対しては無期徒刑(無期懲役)の判決が下された[9]

この事件は当時の一大スキャンダルとなり、一時醍醐家は没落した。家督は父・忠順が再度継ぎ、為子の弟・忠重は公卿摂家の一条家に引取られて養育された。

系譜[編集]

醍醐家[編集]

醍醐家は、一条昭良の子である醍醐冬基を始祖とし、清華家の一つであった。

皇室との関係[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
明正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後光明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後西天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
明仁上皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一条昭良
 
一条教輔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
醍醐冬基
 
醍醐冬熙
 
醍醐経胤
 
醍醐輝久
 
醍醐輝弘
 
醍醐忠順
 
醍醐忠敬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 係累縁者が多数に上るため、後陽成天皇以降の歴代天皇および関連する男系男子の人物を記載した。そのため、母方の系図は省略している。
  • 遠祖の一条昭良は、後陽成天皇の第九皇子として生まれ、一条内基の養子となり、一条家を継承した。
  • 六世の祖の醍醐冬基は、一条昭良の子として生まれ、醍醐家を興した。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長女。浅野忠純継室、後に小倉英季
  2. ^ 水野忠亮室
  3. ^ 木辺孝慈
  4. ^ 『国立公文書館所蔵 勅奏任官履歴原書 下巻』283頁。
  5. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  6. ^ 『明治・大正・昭和 華族事件録』20頁
  7. ^ 『明治・大正・昭和 華族事件録』15-16頁
  8. ^ 『明治・大正・昭和 華族事件録』17頁
  9. ^ 『明治・大正・昭和 華族事件録』30頁
  10. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。
  11. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。

参考文献[編集]