里中満智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
里中 満智子
生誕 (1948-01-24) 1948年1月24日(69歳)
日本の旗 大阪府大阪市
国籍 日本
職業 漫画家
大学教授
活動期間 1964年 -
ジャンル 少女漫画
代表作 アリエスの乙女たち
天上の虹
公式サイト 里中満智子 オフィシャルサイト
テンプレートを表示

里中 満智子(さとなか まちこ、女性、1948年1月24日 - )は、日本漫画家大阪芸術大学教授大阪府大阪市出身。

人物[編集]

16歳での華々しいデビュー(そのため大阪市立桜宮高等学校を中退[1])の後、当時の少女漫画で描かれたような「恋」や「ときめき」だけでなく、激しい愛のあり方や、愛によって生まれる憎しみや苦しみ、道ならぬ恋愛などを描いた。それらはやがて少女漫画というジャンルを超えて、大人の女性も読む恋愛ドラマとしてその世界を広げていった。

近年では、『天上の虹』(2015年完結)・『ギリシア神話』・『名作オペラ』・『旧約聖書』等を出版している。創作活動以外にも多彩な社会活動を行なっており、過去現在ともに学識経験者・文化人として実績がある。「コミック表現の自由を守る会」世話人、「漫画原稿を守る会」賛同者など、漫画家の権利と地位向上に関する活動にも熱心である。国が計画中の漫画・アニメ等を展示する施設「国立メディア芸術総合センター(仮称)」を推進する立場を取っており、新聞報道などで同施設が「国立漫画喫茶」と書き立てられたことに「誤解されていると危惧している」とコメントしている[2]。その上で、近年取り上げられている児童ポルノ法改正案に対しては「表現の自由を侵害する」として慎重な立場を取っており、創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志の賛同人として名を連ねている[3]2010年東京都青少年の健全な育成に関する条例改正に反対する記者会見にもちばてつや永井豪竹宮惠子らとともに出席している。

また、漫画『ドカベン』に登場する里中智の名前の元となった人でもある。『野球狂の詩』の富樫平八郎が主人公である「~10番」シリーズでは子供や女性の作画で協力している。

私生活では二十歳のとき編集者と結婚、その後離婚している。

作品リスト[編集]

他多数

受賞歴[編集]

西暦は受賞年を示す。

漫画家として以外の活動[編集]

歴任[編集]

  • 1991年
    • NHK趣味百科:「少女コミックを描く」 講師
  • 1994年
    • 科学技術庁宇宙科学研究所:日本は何を目指すか? パネリスト
    • NASDA(宇宙開発委員会):長期ビジョン懇談会 理事
  • 1996年
    • 文部省:中央教育審議会専門委員会 専門委員
    • 中央教育審議会第一次答申パンフレット
  • 1997年
    • 文部省:教育課程審議会 委員
    • 第1回東アジアマンガサミット(現・マンガサミット)実行委員会:事務局長
    • 財)都市防災研究所:安全安心まちづくり女性フォーラム 発起人
  • 1997年 - 2002年 手塚治虫文化賞:選考委員
  • 1998年
    • 文部省:児童生徒の問題行動等に関する調査研究協力者会議 委員
    • 東京都建設局:下町河川の明日を創る会 委員
  • 1999年 都市整備公団:都市観光を創る会 発起人
  • 2000年 - 2002年 科学技術庁:国際宇宙年委員会 理事
  • 2002年 文部省:国際文化交流懇談会 委員

現職[編集]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.481
  2. ^ 公式ブログより
  3. ^ 創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志より