里信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
里信号場
2009年12月
2009年12月
さと
Sato
多良 (4.6km)
(3.3km) 肥前大浦
所在地 佐賀県藤津郡太良町大字大浦里
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 長崎本線
キロ程 72.2km(鳥栖起点)
電報略号 サト
駅構造 地上
開業年月日 1969年昭和44年)4月25日
テンプレートを表示

里信号場(さとしんごうじょう)は、佐賀県藤津郡太良町大字大浦里にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線信号場である。

構造[編集]

2線を有する単線区間列車交換形の信号場である。一線スルー方式ではないため、上下列車とも信号場への進入・出発時に885系振子車は65km/h、その他の非振子車は55km/hの速度制限を受ける。入り江を半周する形で設置されており構内は急カーブとなっている。

同信号場入線時には対向列車の側面が見えるほどであり、長崎本線の車窓でも名所と呼べる場所である。

885系のほとんどが当信号場で行き違いを行っていたが、2011年3月のダイヤ改正以後、当信号場で特急の行き違いは朝と夜を除くと殆ど無くなり、主に隣の多良で行き違いを行うように変更された。

周辺[編集]

近くを国道207号が通り、その先には有明海を目にすることができる。民家は少なく、閑静である。 祐徳バス休石(いけし)バス停、里バス停(肥前鹿島駅発着)がある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
長崎本線
多良駅 - (里信号場) - 肥前大浦駅