重光武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロッテグループ > 重光武雄
しげみつ たけお(シン・キョッコ)
重光 武雄(辛 格浩)
Shin Kyuk-ho.jpg
宣伝会議『BRAIN』第4巻第5号(1964)より
生誕 (1921-11-03) 1921年11月3日
(戸籍上は1922年10月4日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚南道蔚山郡
(現大韓民国の旗 大韓民国蔚山広域市)
死没 (2020-01-19) 2020年1月19日(98歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
国籍 大韓民国の旗 大韓民国[1]
出身校 早稲田実業学校
職業 ロッテグループ創業者・総括会長
ロッテホールディングス取締役名誉会長
千葉ロッテマリーンズ代表取締役オーナー
韓国ロッテ・ジャイアンツオーナー
辛 格浩(重光 武雄)
各種表記
ハングル 신격호
시게미쓰 다케오
漢字 辛格浩
시게미쓰 다케오
発音: シンキョクホ(シンギョッコ)
シゲミツ タケオ
日本語読み: しげみつ たけお
ローマ字 Shin Kyukho
Shigemitsu Takeo
テンプレートを表示

重光 武雄(しげみつ たけお、1921年11月3日[2] - 2020年1月19日)は、日本実業家日本統治時代の朝鮮慶尚南道蔚山郡(現・蔚山広域市)出身の在日韓国人一世で、本名は辛 格浩(読み: シン・キョクホ、またはシン・キョッコ、: 신격호英語: Shin Kyuk-ho)。ロッテグループ会長、日本プロ野球千葉ロッテマリーンズと韓国プロ野球のロッテ・ジャイアンツのオーナーを務めた。韓国第5位のロッテグループ財閥の元総帥。

経歴[編集]

1921年、日本統治時代の朝鮮(現・大韓民国)の慶尚南道蔚山郡で5男5女の長男として誕生[3]。戸籍上の生年月日は1922年10月4日[4]。しかし老人が牛耳る故郷に未来はないと見切りをつけ、妻と娘を残したまま1941年に関釜連絡船に乗って所持金わずか83円で日本本土へ転居[5]。文学徒を夢見ていたので文学を専攻するつもりだったが、徴兵を避けるには工学の専攻が必要ということになり、化学工学を専攻した[6]。新聞・牛乳配達などをしながら[3]、1944年に早稲田実業学校を卒業した。

日本人の友人の勧めで切削油生産工場を設立し事業を開始。戦時中の連合国の爆撃で建設したばかりの工場は全焼したが、アルバイトで働く学生時代の辛の誠実な性格を信じて5~6万円という多額[注 1]を出資した日本人投資家は、稼働前に工場が爆撃で灰になっても辛を最後まで信じた[5]。辛は崩れた軍需工場で石鹸を作って再起し、日本人投資家に借金を1年半で全額返済。感謝の気持ちで住宅1軒を贈った[3][7]

1945年、太平洋戦争が終結。進駐軍が持ち込んだチューインガムが人気を博しているのを見て、1947年にガム製造に乗り出す[6][8]。1948年6月に株式会社ロッテ設立、代表取締役社長に就任する。ゲーテ若きウェルテルの悩みを愛読していた辛が主人公シャルロッテより名前をとった。ロッテのガムは人気を博し、辛は実業家として成功を収めた[5]。1954年、サッカーW杯予選出場のために来日する韓国代表チームの支援活動を始める[8]。のちに1964年東京オリンピックの韓国選手団を支援した。

祖国の観光業への参入[編集]

1965年の日韓基本条約によって両国関係が正常化し、1967年4月、祖国に貢献するという信念を引っさげ韓国にロッテ製菓を設立[5]。日本で稼いだ資金で一方的に韓国に投資し、その逆はなかった[7]。辛は韓国に進出する際、食品会社ではなく重化学会社の設立を希望していたが、石油化学事業はLGグループが事業者になって断念した。製鉄業を朴正煕大統領に勧められたが、後にポスコという半官半民の会社がやることになって製鉄業も諦めた[7]

やがて資源が乏しい韓国には観光立国づくりが必要になると考え、しかし韓国には一流ホテルがなかったため将来性があると判断し、観光業への参入を決めた[9]。ホテル業の経験はなかったので世界各国にある一流ホテルを回って勉強し、国際観光公社(現在の韓国観光公社)が経営していた半島ホテルを買収した上で、日本の帝国ホテルをモデルにした38階建てのロッテホテルを建設することにした[7]。ホテルは1979年に完成し成功を収め、1988年のソウルオリンピックの際には同ホテルに五輪組織委員会本部が置かれた[8]

こうした功績が評価され、1995年には観光産業分野では初めて金塔産業勲章を受章した[9]

1997年3月に釜山ロッテワールドがオープン。開館式のテープカットには日本の元首相4人が参加し、交遊の幅広さを示した[7]

野球との関わり[編集]

1969年、親交のあった岸信介元首相による仲介で東京オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)のスポンサーとなったことから野球との関わりが始まった[10]。球団名をロッテオリオンズとするが、球団経営は引き続き大映に委ねた。その後、大映の経営危機により、1971年に正式にロッテオリオンズの経営権を譲り受けるが、オーナー職は球団の個人株主で大映経営時代の副オーナーだった中村長芳に委ねた。1972年に中村が退任して他球団の経営権を買収したため、11月にロッテオリオンズのオーナーに就任した。しかし、元来は野球よりサッカーが好きであったとも言われ、オーナー会議や球場にはほぼ姿を見せず[11]、現場を訪れたのは1973年7月11日の神宮球場での対日拓ホームフライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)戦や1984年8月25日の川崎球場での対西武ライオンズ戦など数度にとどまる[12]。 また、1982年に韓国でプロ野球が発足する時に1975年結成していたアマチュア野球チームロッテジャイアンツをプロチームにして参加した。(以後はロッテジャイアンツを参照)。

晩年[編集]

2009年7月1日、創業以来務めてきたロッテグループ社長を退き、会長に就任。2015年7月には代表権のない名誉会長に退いた[13]

2017年、次男の昭夫と共に勤務実態のない親族らに計500億ウォン(当時のレートで約52億円)台の給与を支払うなどしたとして横領、脱税などの罪に問われ12月22日に懲役4年(求刑懲役10年)を言い渡され[14]、2019年に刑が確定したが[11]、健康上の理由から収監はされなかった[9]

2020年1月19日、ソウル市内の病院で老衰のため死去した[9]。98歳没。これにより、1960年代に韓国の急速な高度経済成長漢江の奇跡)を支えた10大財閥の創業者は全員世を去った[15][16]。墓所は故郷である大韓民国蔚山市蔚州郡三同面屯基里に建立された[17]

三つの経営原則[編集]

  • 理解できていない事業にはいきなり手をつけないこと。
  • 可能性がある事業を始める時は徹底的に調査をしながら準備するということ。
  • 事業に失敗しても株主も経営者も誰も被害を受けない範囲で投資資金を借り入れること[7]

親族[編集]

  • 妻:盧順和(ノ・スンファ)(1922-1951)- 最初の夫人。長女をもうけた[18]
  • 妻:重光初子(旧姓:竹森)(1927-)- 日本人で、長男と次男をもうけた。生家とともにロッテグループの大株主[19]
  • 妾:徐美敬(ソ・ミギョン)(1959-)- 初代ミスロッテ(1977年)。次女をもうけた。
  • 長女:辛英子朝鮮語版(シン・ヨンジャ)(1941-) - ロッテ百貨店共同創業者、ロッテ福祉財団理事長[20]。2016年7月7日、横領罪で逮捕[21]。2017年1月19日、ソウル中央地裁より懲役3年が言い渡された[22]
  • 長男:重光宏之(辛東主) - 元日本ロッテグループ副会長[23]
  • 次男:重光昭夫(辛東彬)[24]- ロッテホールディングス代表取締役会長、韓国ロッテグループ会長、千葉ロッテ球団オーナー、韓国ロッテ・ジャイアンツオーナー。
  • 次女:辛ユミ(1983-)- ロッテホテル顧問。
  • 弟:辛春浩(シン・チュンホ)- 韓国の食品メーカー農心の創業者。
  • 甥:辛東仁朝鮮語版 - 元韓国ロッテ・ジャイアンツオーナー代行。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の日本の会社員の平均月給は80~100円程度だった。

出典[編集]

  1. ^ ロッテグループ、日本ロッテが事実上支配 朝鮮日報 2015年7月30日
  2. ^ 食品・流通界の「巨人」 ロッテ創業者・辛格浩氏が死去” (日本語). 聯合ニュース (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c “辛格浩ロッテ会長、文学徒から半世紀で40兆ウォンのグループに育成(1)”. 中央日報. (2009年5月11日). https://japanese.joins.com/JArticle/115108 2020年1月21日閲覧。 
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.221
  5. ^ a b c d 菅野朋子 (2020年1月20日). “【追悼】所持金わずか「83円」で来日 韓国出身のロッテ創業者・重光武雄の数な人生”. 週刊文春. https://bunshun.jp/articles/-/27582 2020年1月21日閲覧。 
  6. ^ a b “辛格浩氏の退場”. 東亜日報. (2017年6月26日). http://www.donga.com/jp/Home/article/all/20170626/971652/1/%E8%BE%9B%E6%A0%BC%E6%B5%A9%E6%B0%8F%E3%81%AE%E9%80%80%E5%A0%B4 2020年1月21日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f “辛格浩ロッテ会長、文学徒から半世紀で40兆ウォンのグループに育成(2)”. 中央日報. (2009年5月11日). https://japanese.joins.com/JArticle/115109 2020年1月21日閲覧。 
  8. ^ a b c 町井久之関連人物・重光武雄
  9. ^ a b c d “ロッテ創業者が死去 一代で巨大企業グループ築く”. 聯合ニュース. (2020年1月19日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200119001000882 2020年1月21日閲覧。 
  10. ^ 「ロッテ神話」築く 岸元首相と親交―重光氏”. 時事通信(2020年1月20日作成). 2020年1月21日閲覧。
  11. ^ a b “「という」「らしい」重光氏逸話は都市伝説で広がる”. 日刊スポーツ. (2020年1月20日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001190000937.html 2020年1月21日閲覧。 
  12. ^ “【8月25日】1984年(昭59) ロッテ・重光オーナー、11年ぶり“視察”華々しくサヨナラ”. スポーツニッポン. (2008年8月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/professional_bbd0708/kiji/K20080823Z00002220.html 2020年1月21日閲覧。 
  13. ^ “<ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2)”. 中央日報. (2015年7月31日). https://japanese.joins.com/JArticle/203873 2020年1月21日閲覧。 
  14. ^ “韓国ロッテ会長に執行猶予判決 創業者は懲役4年の実刑=ソウル地裁”. 聯合ニュース. (2017年12月22日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/12/22/0200000000AJP20171222002400882.HTML 2020年1月21日閲覧。 
  15. ^ ロッテグループ創業者、重光武雄氏が死去-一代で巨大企業築く”. ブルームバーグ(2020年1月19日作成). 2020年1月21日閲覧。
  16. ^ ロッテ創業者 重光武雄氏が死去」『NHK NEWS WEB』(日本放送協会)、2020年1月19日。2020年2月2日閲覧。オリジナルの2020-02-02時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 【写真】慎ましい辛格浩会長の安息所」『中央日報【日本語版】』(JoongAng Ilbo)、2020年2月2日。2020年2月2日閲覧。オリジナルの2020-02-02時点におけるアーカイブ。
  18. ^ <ロッテ経営権紛争>親族3人が長男の辛東主側に(2)中央日報日本語版、2015年07月31日
  19. ^ <ロッテ経営権紛争>辛格浩会長に妻が解決法提示、大株主として後継議論中央日報日本語版、2015年08月02日
  20. ^ 日韓グローバル企業の“お家騒動”…ロッテ・グループ、長女が父親の日本行きに同行…目的は次男の理事職解任だった WoW!Korea 7月29日
  21. ^ 産経新聞 7月7日ロッテ創業者の長女を逮捕 韓国地検、裏金2.6億円受領疑い [1]
  22. ^ 統合ニュース 2017/1/19 ロッテ創業者長女 一審で懲役3年の実刑判決=韓国[2]
  23. ^ “ロッテ持ち株会社、重光宏之副会長を経営陣から追放 創業者の長男”. 産経新聞社. (2015年1月9日). http://www.sankei.com/economy/news/150109/ecn1501090024-n1.html 2015年1月10日閲覧。 
  24. ^ “ロッテ創業者次男、代取に復帰 贈賄罪で猶予付き判決”. 朝日新聞デジタル. (2019年2月20日). https://www.asahi.com/articles/ASM2N5R8YM2NULFA027.html 2020年3月17日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『魂の相克 在日スポーツ英雄列伝』大島裕史, 在日本大韓体育会、講談社 (2012/2/10)