重友毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

重友毅(しげとも き、1899年12月25日 - 1978年8月11日[1])は、日本の国文学者

山口県吉敷郡山口町(現)生まれ。第一高等学校を経て、1924年東京帝国大学文学部国文科卒。旅順工科大学予科教授、33年東京体育専門学校教授(-41年)、38年武蔵高等学校教授、49年武蔵大学教授、法政大学教授を兼任、52年「雨月物語の研究」で東大文学博士。56年武蔵大を辞任、58年法政大文学部長(-60年)、66年法政大を定年退任、名誉教授、67年広島女学院大学教授。近世文学を専門とした。著作集全5巻がある。

著書[編集]

  • 『近世国文学考説』積文館、1933
  • 近松日本評論社、日本古典読本 1939
  • 江戸の町人文学』日本放送出版協会、ラヂオ新書 1940
  • 秋成』日本評論社、続日本古典読本 1943
  • 『近世文学の位相 古典による自覚と反省』日本評論社、1944
  • 『雨月物語の研究』大八洲出版、1946
  • 『近松の人間愛』生活社、日本叢書 1946
  • 『日本文学論攷 古典と現代』昭森社、思潮文庫 1949
  • 『日本近世文学史』岩波全書 1952
  • 『雨月物語評釈』明治書院、1954
  • 『日本近世文学 展望と考察』みすず書房、1954
  • 『雨月物語』弘文堂 アテネ文庫 古典解説シリーズ 1956
  • 『近世文学史の諸問題』明治書院、1963
  • 重友毅著作集 第2巻 芭蕉の研究』文理書院、1970
  • 『重友毅著作集 第4巻 秋成の研究』文理書院、1971
  • 『重友毅著作集 第5巻 近世文学論集』文理書院、1972
  • 『重友毅著作集 第3巻 近松の研究』文理書院、1972
  • 『重友毅著作集 第1巻 西鶴の研究 文理書院、1974
  • 志賀直哉研究』笠間書院、1979

校訂など[編集]

  • 上田秋成『胆大小心録』岩波文庫 1938
  • 上田秋成『春雨物がたり・くせものがたり』岩波文庫 1939
  • 『近松の人々』編 紫乃故郷舎、1950
  • 『上田秋成集』日本古典全書 朝日新聞社、1957
  • 『近松浄瑠璃集 上』日本古典文学大系 岩波書店、1958
  • 濹東綺譚の世界』高橋俊夫共編著.笠間書院、1976

記念論集[編集]

  • 『日本文学の研究 重友毅博士頌寿記念論文集』日本文学研究会編 文理書院、1974

参考[編集]

  • 「重友毅博士年譜」『日本文学の研究 重友毅博士頌寿記念論文集』
  • 「重友毅博士追悼号」『文学研究』50号、1979年12月

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』