重徳和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
重徳 和彦
しげとく かずひこ
Kazuhiko Shigetoku (2014.03.23) 3.jpg
2014年3月23日(43歳)
生年月日 (1970-12-21) 1970年12月21日(48歳)
出生地 日本の旗 愛知県豊田市今町
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員総務省
所属政党無所属→)
日本維新の会→)
維新の党→)
無所属→)
改革結集の会→)
民進党→)
無所属(社会保障を立て直す国民会議
称号 法学士
配偶者 あり
公式サイト 衆議院議員 しげとく和彦

選挙区比例東海ブロック→)
愛知12区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

重徳 和彦(しげとく かずひこ、1970年12月21日 - )は、日本政治家自治総務官僚衆議院議員(3期)。

来歴[編集]

愛知県豊田市今町生まれ[1]トヨタ自動車の従業員だった父親の転勤で、3歳から7歳までロサンゼルスで育つ[2]。豊田市立前山小学校、豊田市立豊南中学校愛知県立岡崎高等学校卒業。1989年東京大学法学部に入学[3]。高校と大学はラグビー部に所属した[2]金融機関から内定を得ていたが辞退し、公務員試験を受験するため留年を選択した[4]

1994年、東京大学を卒業し、自治省(現:総務省)に入省。山形県庁へ出向。1996年から2年間、アメリカ合衆国コロンビア大学国際公共政策大学院に留学[2][5]。留学を期に、大学時代に知り合った女性と結婚した[6]

2000年4月、衆議院議員の杉浦正健らとともに議員連盟「道州制を実現する会」を立ち上げた[7][8]2003年、総務省消防庁災害対策官に就任。2004年10月、麻生太郎総務大臣の命により新潟県中越地震に派遣され、ハイパーレスキュー隊の連絡調整を務めた[9][10]2005年広島県庁へ出向。2009年10月、内閣府行政刷新会議事務局へ異動。事業仕分けの実務を担当した[11][5]

2010年9月16日神田真秋愛知県知事が4選不出馬の意向を表明[12]10月13日、重徳は新聞の取材に対し、自民党愛知県連から知事選への出馬を打診されたことを明らかにした[13]10月14日、県連会長の鈴木政二は「県内に幅広く友人がいること」「愛知への思いが非常に強いこと」などを選定理由に挙げた[14]10月15日、総務省に辞職願を提出[15]10月16日、自民党県連は重徳に正式に出馬を要請[16][17]10月18日、任期満了に伴う愛知県知事選挙への出馬を正式表明した[18]

2011年2月6日投開票の知事選挙に自民党愛知県連の推薦を得て無所属で出馬したが[19][20]、自民党を離党した(後に除名処分が下る)前衆議院議員の大村秀章[21]に敗れ、次点で落選した[22]

同年9月5日、豊田市長の鈴木公平が翌年2月の市長選への不出馬を表明すると[23]市議会最大会派の自民クラブ議員団や民主党系の市民グループなどでつくる「二十一世紀の豊かなまちをつくる会」は後継選びを開始[24]。自民党は一旦重徳を推すも、民主党が「労組の理解が得られない」と反発。市職員の太田稔彦が相乗り候補として擁立されたことでこの話は流れた[25]

衆議院議員に初当選[編集]

2012年8月、元衆議院議員の杉浦正健から「堂々と出馬すればいい」との助言を受け、自民党以外の政党から次期衆院選に立候補する意向を固める[26][27]8月20日、総選挙への出馬を正式に表明[28][29]。重徳は出馬に際して大阪維新の会の公認を模索しており、9月28日日本維新の会結党を受け、同党に入党。12月の総選挙に日本維新の会公認、みんなの党推薦で愛知12区から出馬し、選挙区では自民党の青山周平に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、初当選した(民主党中根康浩比例復活で当選)。居所を岡崎市上六名町に構える[30][31]

2014年7月、日本維新の会の分党に際しては橋下徹大阪市長による新党結成を目指すグループに参加[32]。同年9月、結いの党・日本維新の会の合流により維新の党の結党に参加し、同年12月の第47回衆議院議員総選挙では維新の党公認で愛知12区から出馬。当初、民主党前職の中根康浩も愛知12区での立候補が内定していたが、非自民候補の共倒れを懸念した維新の党は民主党に対し、愛知4区・12区以外に候補者の擁立を予定していた3選挙区から撤退する代わりに、愛知12区の中根の立候補を見送らせるよう働きかけた[33]。民主党はこれに応じ、中根は公示日前日の12月1日、党本部から比例東海ブロック単独立候補への鞍替えを命じられた(中根は比例単独で当選)。維新の党公認で愛知12区から出馬した重徳は、自民党前職の青山を約1万3千票差で破り、初めて選挙区で当選し、再選(青山も比例復活)[34]

維新の党を離党[編集]

2015年10月22日村岡敏英小熊慎司小沢鋭仁ら3人の維新の党議員と共に離党届を提出。当面無所属で活動していくことを表明した[35]。翌10月23日に開いた政治資金パーティーで「1、2か月の間に新党を立ち上げ、自民党に対抗できる政党をつくるためにこれから政界再編に取り組んでいく」と述べた[36]

同年11月18日、重徳を含む離党した議員4名と日本を元気にする会山田太郎は、政治団体「草莽の会」の結成を総務省に届け出た[37]12月9日、村岡、小熊、重徳、小沢の4名で衆議院内に会派「改革結集の会」を結成した。12月14日、維新の党離党後無所属で活動していた鈴木義弘が会派に加入[38]政党助成法上の5人以上の国会議員という政党要件を満たしたため、12月21日、離党組5名で政党「改革結集の会」を設立した[39]

2016年3月22日、民主党の枝野幸男幹事長と改革結集の会の村岡敏英代表が会談。同党の所属議員5名のうち村岡、小熊、重徳、鈴木の4名は民進党に合流する方針が決まった[40]3月27日、民進党の結成大会が都内で開かれ、民進党に入党[41]。民進党内では旧改革結集の会出身議員と行動を共にすることがしばしばあり、合流直後に村岡・小熊らと野田グループ入りを検討していることが報じられた[42]

同年8月20日、民進党の玄葉光一郎選対委員長は、次期衆院選愛知12区の公認候補を重徳とし、中根康浩を次回衆院選に限り比例東海ブロックの単独1位にすると発表した。あわせて重徳は比例に重複立候補しないことも定められた[43][44]

2017年8月2日、村岡・小熊・重徳の3人は民進党代表選挙に向けて独自候補擁立を模索する方針を表明した[45]9月1日前原誠司枝野幸男の一騎打ちが確定した後も、民共共闘を断ち切るよう両陣営に申し入れた[46][47]

2017年衆議院議員総選挙[編集]

重徳は2015年の愛知県議会議員選挙で元幡豆町長の渡辺靖を全面支援し、渡辺を初当選に導いた[48]。2017年の西尾市長選挙で支援した現職の榊原康正は落選したものの[49][50]2019年の愛知県議会議員選挙で渡辺は再選。無所属ながら地盤を着実に固めている。

2017年9月27日の報道で、民進党の前原誠司代表小池百合子と極秘に会談し、同党が希望の党に合流することの合意をしていたことが明らかとなった[51]9月29日に重徳が開いた政治資金パーティーに前原は出席し、参加者に対し、第48回衆議院議員総選挙における希望の党との合流に理解を求めた[52]。希望の党からの出馬を目指し選挙の準備を始めるが[53]10月2日夜、前原は重徳に電話で「公認は出せない。無所属で出てくれ」と告げ態度を一変させた。重徳が理由を問いただすと前原は「『小池百合子代表と青山周平候補との関係がある』と小池さんサイドから言われたので」と答えた。その言葉どおり、翌10月3日発表の第1次公認リストに彼の名前はなかった[54]。民進党の常任幹事会において「全員が(希望の党)に行ける」と説明した前原であったが、小池と杉浦正健との間柄を優先し「忖度」して人選を進める希望の党のやり方に抗う意志はなかった(青山は杉浦の事実上の後継者)[55]

衆議院解散が確実となると、重徳はすみやかに中根康浩を自身の総合選対本部長に迎え入れた。中根は民進党・希望の党幹部らから愛知12区や愛知7区からの出馬を打診され[56]、一時愛知7区への転身に食指を動かしたが、関係者の説得により断念した[57][58][59][60]

同年10月6日、重徳は愛知県庁で会見し、無所属で出馬する意向を表明[61]。同日、連合愛知は民進党分裂前に重徳に出した推薦を継続することを決定[62]。連合愛知の土肥和則会長は岡崎市内で行われた総決起大会に駆け付けた[63]。中根は公示日の10月10日、希望の党の比例東海ブロック単独24位に選ばれた[64]。政党の支援のない戦いであったが、青山を比例復活すら許さない大差で破り、3選を果たした[65]

同年10月26日、無所属で当選した岡田克也ら民進党系の議員13人は衆議院の新会派無所属の会」を結成したが、重徳はこれに加わらなかった[66][67][68]

2019年1月15日、「無所属の会」の岡田代表ら9人の議員は立憲民主党会派に入会[69]1月16日、立憲会派合流を見送った野田佳彦は、残る玄葉光一郎広田一本村賢太郎の3人、会派に所属していなかった重徳、井出庸生中島克仁の3人とともに新しい衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」を結成したと発表した[70]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟[79]
  • 自殺対策を推進する議員の会[80]

著作[編集]

  • 『創発まちづくり―動く・繋がる・生まれる』(和田崇、松波龍、牛来千鶴、吉原俊朗、川名和美、氏原睦子、増田泉子共著)学芸出版社(2005年12月) ISBN 978-4761523763

脚注[編集]

  1. ^ 『新三河タイムス』2012年11月29日、1面、「豊田出身の重徳氏精力的に活動 雲つかむ『無党派』支持へ躍起」。
  2. ^ a b c 維新の党 重徳和彦 衆議院議員”. 会いに行ける国会議員 みわちゃんねる突撃永田町!! (2015年6月10日). 2017年11月6日閲覧。
  3. ^ しげとく和彦 ブログ(岡崎市・西尾市・幸田町):2013年2月18日
  4. ^ “2014衆院選:候補者の横顔 5区/12区/愛知”. 毎日新聞. (2014年12月9日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20141209ddlk23010149000c2.html 2014年12月9日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ a b c プロフィール公式サイト
  6. ^ 東海愛知新聞』2014年12月11日、1面、「衆院選 私たち応援しています 愛知12区家族の声」。
  7. ^ しげとく和彦語録公式サイト
  8. ^ 自由民主党における道州制の議論について | 衆議院議員 橋本がく
  9. ^ しげとく和彦 ブログ(岡崎市・西尾市・幸田町):2014年10月23日
  10. ^ 横井利明オフィシャルブログ 2010年11月18日
  11. ^ 諸々の所感 “一億総当事者”社会をつくろう! - 総務省
  12. ^ “神田知事、4選不出馬を表明”. 中日新聞. (2010年9月17日). http://www.chunichi.co.jp/hold/2011/ele_aichi/list/201009/CK2010120602100009.html 2013年3月10日閲覧。 
  13. ^ 『中日新聞』2010年10月13日付夕刊、1面、「重徳氏、出馬に前向き 愛知県知事選 自民打診に『光栄』」。
  14. ^ 『中日新聞』2010年10月15日付朝刊、1面、「自民県連 重徳氏に出馬要請へ」。
  15. ^ “河村市長、自民・大村氏に愛知知事選出馬要請”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月16日). オリジナルの2010年10月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101019033351/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101016-OYT1T00126.htm 2010年11月13日閲覧。 
  16. ^ 『中日新聞』2010年10月17日付朝刊、32面、「自民 重徳氏に正式要請 愛知知事選 『退路断って考える』」。
  17. ^ しげとく和彦 ブログ(岡崎市・西尾市・幸田町):2010年10月21日
  18. ^ “愛知県知事選、重徳氏が出馬表明 自民推薦で”. 日本経済新聞. (2010年10月19日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFD1802D_Y0A011C1CN8000 2015年4月27日閲覧。 
  19. ^ “愛知県知事選、重徳氏の自民党本部推薦は見送りへ”. 日本経済新聞. (2011年1月5日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFD0401M_U1A100C1CN8000 2017年11月6日閲覧。 
  20. ^ “前へ前へ、あきらめず 重徳 和彦さん(40)”. 中日新聞. (2011年1月22日). http://www.chunichi.co.jp/hold/2011/ele_aichi/list/201101/CK2011012202000216.html 2013年4月14日閲覧。 
  21. ^ “大村衆院議員を除名 自民党紀委、愛知県知事選出馬で”. 日本経済新聞. (2010年12月9日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS0802J_Y0A201C1PE8000 2015年4月27日閲覧。 
  22. ^ “「期待に沿えず…」知事選で落選の自民・重徳氏ら”. 朝日新聞. (2011年2月6日). http://www.asahi.com/special/nagoya/NGY201102060022.html 2015年4月27日閲覧。 
  23. ^ 中日新聞』2011年9月6日付朝刊、豊田版、16面、「『12年で精いっぱい』 豊田市長4選不出馬を表明 『各方面の支援に感謝』」。
  24. ^ 『中日新聞』2011年12月16日付朝刊、豊田版、16面、「豊田市長選出馬・太田さん 13日に要請受ける 重点施策『急すぎて』明言せず」。
  25. ^ 『中日新聞』2011年12月17日付朝刊、豊田版、16面、「豊田市長選 自・民相乗り優先 二十一世紀の会 太田さん擁立 市職員で決着」。
  26. ^ 重徳和彦Twitter 2012年11月26日付
  27. ^ しげとく和彦 ブログ(岡崎市・西尾市・幸田町):2012年12月3日
  28. ^ 中日新聞(2012年8月21日付朝刊、12版、26面)
  29. ^ 重徳に立候補を促した杉浦は、2012年第46回衆議院議員総選挙では、重徳の対立候補である自民党新人の青山周平の選挙対策事務長を務めた(東海愛知新聞、2012年12月14日、1面)。
  30. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  31. ^ 平成29年10月22日執行衆議院小選挙区選出議員選挙候補者一覧表 (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2017年10月10日). 2017年11月30日閲覧。
  32. ^ “日本維新の会分党 「石原新党」に23人”. ハフィントンポスト. (2014年6月6日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/05/ishin-breakup_n_5456685.html 2015年4月26日閲覧。 
  33. ^ 中日新聞(2014年12月18日付朝刊、県内版、22面)
  34. ^ 愛知 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  35. ^ “維新・小沢鋭仁氏ら4人、離党へ…当面は無所属”. 読売新聞. (2015年10月22日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151022-OYT1T50043.html 2015年10月29日閲覧。 
  36. ^ “維新に離党届提出の重徳議員が新党立ち上げ目指す考え”. 名古屋テレビ放送. (2015年10月24日). http://www.nagoyatv.com/news/?id=119163&p=1 2015年10月29日閲覧。 
  37. ^ “維新離党組が政治団体”. 朝日新聞. (2015年11月19日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12074800.html 2016年3月29日閲覧。 
  38. ^ “維新離党議員、新党を検討 鈴木氏が衆院会派入り”. 日本経済新聞. (2015年12月15日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS14H4A_U5A211C1PP8000 2016年3月30日閲覧。 
  39. ^ “維新離脱5人が「改革結集の会」を届け出”. 毎日新聞. (2015年12月21日). http://mainichi.jp/articles/20151222/k00/00m/010/067000c 2016年3月29日閲覧。 
  40. ^ “改革結集の4氏、民進党に参加へ 村岡代表ら”. 日本経済新聞. (2016年3月22日). https://r.nikkei.com/article/DGXLASFS22H7V_S6A320C1PP8000 2016年3月29日閲覧。 
  41. ^ “民進党が結成大会 衆参156人、代表に岡田克也氏選出”. 朝日新聞. (2016年3月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ3W5212J3WUTFK00G.html 2016年3月29日閲覧。 
  42. ^ “【民進党結党】「改革結集の会」3人、野田前首相のグループ入り検討”. 産経新聞. (2016年3月28日). オリジナルの2016年4月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/uxaiA 
  43. ^ “衆院選 民進愛知12区の公認は重徳氏 中根氏比例へ /愛知”. 毎日新聞. (2016年8月21日). http://mainichi.jp/articles/20160821/ddl/k23/010/112000c 2016年8月23日閲覧。 
  44. ^ 中日新聞(2016年8月21日付朝刊、34面)
  45. ^ “【民進党代表選】来月は遅い、代表辞任軽すぎ、候補新鮮味ない…代表選キックオフも不満たらたら”. 産経新聞. (2017年8月3日). オリジナルの2017年8月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170802202125/http://www.sankei.com/politics/news/170803/plt1708030012-n2.html 
  46. ^ “【民進党代表選】「民共共闘」にブチ切れた若手が声明文「民進党をたたきなおす!」 前原、枝野両陣営に提出”. 産経新聞. (2017年8月23日). オリジナルの2017年8月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170823063920/http://www.sankei.com/politics/news/170823/plt1708230014-n1.html 
  47. ^ “共産党との共闘打ち切り要請、前原氏「同じ思いだ」”. TBSテレビ. (2017年8月23日). オリジナルの2017年8月23日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/FWI8P 
  48. ^ 『中日新聞』2015年4月13日付朝刊、三河版、10面、「渡辺さん現職破る 民主は12年ぶり議席失う」。
  49. ^ 宇佐美尚 (2017年6月23日). “西尾市長選、衆院議員が代理戦争 民進は現職、自民は新人支援”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20170623/CK2017062302000064.html 2017年6月23日閲覧。 
  50. ^ 平成29年6月25日執行 西尾市長選挙公報 (PDF)”. 西尾市役所. 2019年3月16日閲覧。
  51. ^ 民進「希望」参加容認を検討 前原、小池氏ら極秘会談”. 中日新聞 (2017年9月27日). 2017年10月8日閲覧。
  52. ^ 希望、中根氏に12区出馬打診…衆院選”. 読売新聞 (2017年9月30日). 2017年10月8日閲覧。
  53. ^ 中日新聞(2017年9月29日付朝刊、35面)
  54. ^ 希望の党・第1次公認リスト(192人) (3/4ページ)”. 産経新聞 (2017年10月3日). 2017年10月10日閲覧。
  55. ^ “「全員が行ける」から一転…希望の党“リベラル切り”の舞台裏”. AERA. (2017年10月11日). https://dot.asahi.com/aera/2017101000078.html?page=1 2017年10月11日閲覧。 
  56. ^ 希望、中根氏に12区出馬打診…衆院選”. 読売新聞 (2017年9月30日). 2017年10月8日閲覧。
  57. ^ 希望公認、揺れる12区…衆院選”. 読売新聞 (2017年10月6日). 2017年10月6日閲覧。
  58. ^ 朝国聡吾「『岡崎以外に行けない』 選挙区出馬断念 中根さんが心境」 『中日新聞』2017年10月6日付朝刊、西三河版、20面。
  59. ^ 朝国聡吾「中根氏は選挙区断念 『比例単独』希望に要望」 『中日新聞』2017年10月6日付朝刊、県内版、22面。
  60. ^ 宇佐美尚「2017年三河この一年 (下) 衆院選・野党分裂 巻き込まれた地方」 『中日新聞』2017年12月30日付朝刊、三河版、12面。
  61. ^ 谷悠己「12区重徳氏、無所属出馬へ 15選挙区、戦い構図固まる」 『中日新聞』2017年10月7日付朝刊、県内版、22面。
  62. ^ 谷悠己「連合、14人の推薦継続 比例は各労組自主判断に」 『中日新聞』2017年10月7日付朝刊、県内版、22面。
  63. ^ 東海愛知新聞(2017年10月17日、1面)
  64. ^ 希望の党が比例名簿を発表(3/4ページ)”. 産経新聞 (2017年10月10日). 2017年10月10日閲覧。
  65. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  66. ^ “民進党籍無所属 新会派を結成へ 岡田氏が代表”. 毎日新聞. (2017年10月25日). https://mainichi.jp/articles/20171026/k00/00m/010/123000c 2017年11月3日閲覧。 
  67. ^ “岡田克也氏ら民進系無所属13人、衆院に新会派届け出 「無所属の会」”. 産経ニュース. 産経新聞. (2017年10月26日). http://www.sankei.com/politics/news/171026/plt1710260016-n1.html 2017年10月26日閲覧。 
  68. ^ 衆議院 会派別議員一覧 平成29年11月1日現在
  69. ^ 無所属の会9人が立憲民主党会派に合流へ 岡田克也氏ら入会届を提出”. 産経新聞 (2019年1月15日). 2019年1月17日閲覧。
  70. ^ 井出・野田氏ら新会派発足 社会保障テーマに政策づくり”. 信濃毎日新聞 (2019年1月17日). 2019年1月17日閲覧。
  71. ^ 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査) - 朝日新聞デジタル
  72. ^ a b 中日新聞(2017年10月17日、19面、衆院選候補者アンケート)
  73. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  74. ^ 『現場に飛び込み、声なき声を聴く!』 しげとく和彦のブログ
  75. ^ 志一本『しげとく和彦』当選!”. 岡崎市議会議員 いいまちつくる 井町です!! (2017年10月23日). 2019年7月9日閲覧。
  76. ^ 岩垂弘「声なき声:1 反安保デモに合流」 『朝日新聞』1988年6月13日付夕刊、3面。
  77. ^ 「知の巨人たち」 第2回 ひとびとの哲学を見つめて~鶴見俊輔と「思想の科学」~(2014年7月12日放送)”. NHK. 2019年7月8日閲覧。
  78. ^ 鶴見俊輔「学問と市民運動つないで 政治学者・高畠通敏さんを悼む」 『朝日新聞』2004年7月8日付夕刊、文化、16面。
  79. ^ 『政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟(仮称)』設立趣意書
  80. ^ 自殺対策を推進する議員の会 役員
党職
先代:
(結党)
改革結集の会国会対策委員長
初代:2015年 - 2016年
次代:
(解党)