重松俊章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

重松 俊章(しげまつ しゅんしょう、1883年11月18日 - 1961年10月6日)は、日本の東洋学者であり、真言宗豊山派の僧である。

生涯[編集]

愛媛県の出身。旧制豊山中学校第3期卒業。明治27年(1894年)に得度し、大正2年(1913年)に東京帝国大学文科大学の史学科を卒業。

豊山大学の教授を経て、大正8年(1919年)には、松山高校教授に就任した。昭和2年(1927年)、九州帝国大学法文学部の教授となり、東洋史学の講座を担当。

昭和19年(1944年)に、九州帝国大学を定年退官した。また同年に、松山市にある四国八十八箇所霊場第51番札所の熊野山石手寺の第41世住職に就任した。

住職としての寺務の傍ら、昭和24年(1949年)には、松山商科大学(現松山大学)の教授になり、その後8年間の間、在職した。

専門は、西域史研究、中国古代の民俗学的な研究に及び、中国における邪教である白雲宗マニ教弥勒教徒・白蓮教徒などの研究のパイオニアである。

著書等[編集]

  • 『印度の古文明』( 文正社、1916年
  • 『新説東洋史』訂正版(教育研究會、1933年
  • 『九州大学東洋史論叢:重松先生古稀記念』(九州大学文学部東洋史研究室、1957年