重田倫明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
重田 倫明
福岡ソフトバンクホークス #138
2019.04.13重田倫明.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市
生年月日 (1996-05-30) 1996年5月30日(24歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト3位
年俸 400万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

重田 倫明(しげた ともあき、1996年5月30日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属する千葉県八千代市出身[2]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

八千代市立村上東中学校への在学中に、校内の軟式野球部へ所属[2]。 中学校野球部3年次には主将を務め、チームを牽引した。3年時の夏の大会は主にポジションはセカンドだった。八千代市大会優勝、千葉県大会優勝、関東大会準優勝、全国大会出場を果たした。 千葉県大会の決勝戦、対昭和中は先発投手として登板した。 千葉英和高等学校への進学を機に、硬式野球へ転向した。

千葉英和高校では1年時の夏から公式戦に登板した[3]ものの、甲子園球場での全国大会とは無縁であった[4]。3年時だった2014年夏の第96回選手権千葉大会では、敬愛学園高校との4回戦に救援投手として4回を投げたが、チームは0 - 3というスコアで完封負け[5]。大会後にプロ志望届日本学生野球協会に提出したが、NPBドラフト会議でどの球団からも指名されなかった[6]ため、卒業後に国士舘大学へ進学した。大学の1学年先輩に、自身と同じ右投手の椎野新がいる。

国士舘大学では、2年時に東都大学野球の春季リーグ戦へ登板。後に右肘の疲労骨折が判明したため、手術を受けてからは、実戦を離れてリハビリに専念した[7]。リーグ戦での登板はわずか2試合(通算4イニング)で、3年時以降は練習試合にも登板していなかったため、4年時(2018年)のNPBドラフト会議で指名から再び漏れた場合には大学で野球を止めることを考えていたという。しかし実際には、重田の潜在能力を高く評価していた福岡ソフトバンクホークス[8]が、育成ドラフト会議の3巡目で重田を指名[7]。指名後に、支度金300万円、年俸400万円(金額は推定)という条件で育成選手として入団した[9]背番号138[10]で、この年から支配下登録選手として在籍している椎野と再びチームメイトになった。

プロ入り後[編集]

2019年、三軍戦に29試合、二軍のウエスタン・リーグ公式戦に2試合登板[11]。三軍戦の通算投球イニングは37回1/3で、0勝3敗6セーブ、防御率2.17を記録した[12]

選手としての特徴[編集]

長身から投げ下ろす最速146km/hのストレートが武器[13]。強気の投球術も持ち味で、ソフトバンクへの入団1年目に体重を6kg増やしたことによって、2年目の2020年には球速で計測される以上の球威を付けている[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 138 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「I Want You To Know」Zedd(2019年 - )
  • 「栄光の架橋」ゆず(2019年 - )

[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 2018ドラフト指名選手 中学野球目線で見た指名選手の都道府県ランキング!”. ヤキュイク・powered by BASEBALLKING (2018年10月29日). 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ 選手名鑑 重田 倫明(千葉英和)”. 高校野球ドットコム. 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ 春季千葉大会(2013年)東海大望洋―千葉英和(準決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2013年5月5日). 2019年3月24日閲覧。
  5. ^ 第96回全国高校野球選手権千葉大会 敬愛学園―千葉英和(4回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年7月19日). 2019年3月24日閲覧。
  6. ^ 2014年 プロ野球志望届提出者一覧”. 日本高等学校野球連盟. 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ a b ソフトバンク育成3位・重田「右肘問題ない」 身長185センチ、最速146キロ右腕”. 西日本スポーツ (2018年11月6日). 2018年3月23日閲覧。
  8. ^ a b ソフトバンク次の「育成の星」が急成長 大学で登板わずか2試合、指名なければ野球やめていた”. 西日本スポーツ (2020年6月14日). 2020年6月14日閲覧。
  9. ^ ソフトバンク育成3位の重田が入団合意”. 西日本スポーツ (2018年11月26日). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 2018/12/06(木) 選手 新入団会見レポ。1位甲斐野投手の背番号は20”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年12月6日). 2018年3月23日閲覧。
  11. ^ 2019年度 福岡ソフトバンクホークス 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2019年10月14日閲覧。
  12. ^ 3軍選手成績 非公式戦個人成績 投手成績(ホークス) 2019/10/4(金)現在”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2019年10月4日). 2019年10月14日閲覧。
  13. ^ 2018年ドラフト ソフトバンク指名選手一覧”. 西日本スポーツ (2018年10月23日). 2019年3月7日閲覧。
  14. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。

関連項目[編集]