野々市市立野々市中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野々市市立野々市中学校
過去の名称 野々市町立野々市中学校
国公私立 公立学校
設置者 野々市市
校訓 「自主」「実践」「友愛」
設立年月日 1956年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 921-8825
石川県野々市市三納三丁目1番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

野々市市立野々市中学校(ののいちしりつののいちちゅうがっこう)は、石川県野々市市三納にある公立中学校

概要[編集]

1955年4月、野々市町と旧富奥村の合併当時に、公選制教育委員会組織のもとに教育行政が開発し、同年8月、専任教育長を置いて統合野々市中学校の建設に着工した。
1956年4月、旧富奥村の富奥中学校(野々市町立富奥尋常小学校教場)と、旧野々市町の野々市中学校(野々市町立野々市尋常高等小学校教場)が統合して設立。同年10月に校舎(本町・現在は野々市市文化会館フォルテ駐車場)が完成。松任中学校の郷地区転校に伴い校区に加わる。翌1957年4月には金沢市立押野中学校の押野地区転校に伴い校区に加わる。
1974年12月には生徒数増加に伴い、新校舎(現在地)に移転し、旧校舎は野々市小学校の西校舎となる。
1984年4月には、生徒数の更なる増加により布水中学校を分離した。

沿革[編集]

  • 1955年8月1日 - 統合野々市中学校建設着工(本町5丁目地区)
  • 1956年4月1日 - 野々市町立野々市中学校設立。(富奥小教場、野々市小教場を活用)
  • 1956年10月31日 - 第一期工事、新校舎本館完成。
  • 1956年11月3日 - 校舎が落成、校歌制定。
  • 1957年10月31日 - 第二期工事、体育館完成。11月7日落成。
  • 1961年9月30日 - 第三期工事、特別教室完成。
  • 1973年10月16日 - 新築移転野々市中学校建設着工(現在地・三納地区)
  • 1974年10月31日 - 現在地の新校舎・第一期工事、移転に伴う新校舎本館・第二期工事、体育館完成。
  • 1974年12月1日 - 現在地の新校舎に移転、落成。(旧校舎は野々市小学校西校舎として活用)
  • 1976年7月30日 - 運動場の夜間照明施設完成。
  • 1980年2月25日 - 校舎(南東側、体育館横)増築落成。
  • 1984年4月1日 - 布水中学校を分離。
  • 2011年11月11日 - 野々市市の市制施行に伴い、野々市市立野々市中学校に校名変更。同時に住所も三納300番地から三納三丁目1番地となる。

通学区域[編集]

本町5丁目、扇が丘、菅原町、住吉町、白山町、三納、藤平、位川、清金1~3丁目、末松1~3丁目、太平寺1~4丁目、粟田1~6丁目、下林1~4丁目、新庄1~6丁目、藤平田1~2丁目、中林1~5丁目、上林1~5丁目、矢作1~4丁目

上林、新庄は自転車通学が認められている。

学校周辺[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広報ののいち 2010年9月号8頁 (PDF)”. 野々市町. 2014年9月2日閲覧。