野々村幸政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
野々村幸政
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 天正12年9月11日1584年10月14日
別名 通称:三十郎、主水正、主水助
入道号:宗玄
主君 織田信長信忠佐々成政
氏族 野々村氏
幸成、迅成(迅政)

野々村 幸政(ののむら ゆきまさ)は、戦国時代から安土桃山時代かけての武将。剃髪して宗玄を名乗った。

同一族に野々村三十郎正成という同じく三十郎で主水正(主水助)を称した人物がいるが、別人である[1][2]

略歴[編集]

尾張国海東郡津島の人という[3]が、谷口克広は正成の同族ならば美濃国の出身とも考えられるとしている[2]

織田信長に仕えて、尺限廻番衆に名を連ねる[2]

永禄12年(1569年)の伊勢大河内城攻めに従軍[2]元亀元年(1570年)6月22日、小谷城攻めよりの退却の際に殿軍を務めた佐々成政に協力した[4]

天正5年(1577年)から翌年にかけて、津田宗及の茶会に4度も名を連ねているが、「野々村主水入道宗玄」を名乗っており、すでに剃髪していたことがわかる[2]。天正8年(1580年)3月には安土に屋敷地を与えられている[5]

天正12年の本能寺の変の後は、同僚だった佐々成政に属し、9月に成政が前田利家能登末森城を攻めた攻囲戦に参加して、ここで討ち死にした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』 (コンパクト版) 新人物往来社、1990年、619頁。ISBN 4404017529。 
  2. ^ a b c d e f g h 谷口 1995, p. 300.
  3. ^ 『尾張志』『張州府志』による[2]
  4. ^ ただしこれは『甫庵太閤記』による[2]
  5. ^ 信長公記』による[2]

参考文献[編集]