野ばら社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野ばら社
正式名称 株式会社野ばら社
現況 出版活動継続中(2015/09/24)[1]
出版者記号 88986
取次コード 6816
法人番号 8011501003747
設立日 1929年(昭和4年)10月20日
代表者 志村文世
本社郵便番号 114-0024
本社所在地 東京都北区西ヶ原1-16-14
資本金 1000万円[2]
従業員数 8名[3]
ネット販売 自社サイト
主要出版物 児童年鑑(休刊)
定期刊行物 学友第一線(第一線社、廃刊)
得意ジャンル 唱歌や童謡などの歌詞集、書道、図案集
外部リンク https://www.nobarasha.co.jp/
Twitter https://twitter.com/nobarako
テンプレートを表示

野ばら社(のばらしゃ)は、東京都北区西ヶ原にある出版社。設立は1929年(昭和4年)10月20日。唄本をはじめ、書道図画図案百人一首の本を出版している。マスコットキャラクターは、「野ばら子さん」。

創業者の志村文蔵は静岡県出身、代用教員を勤めた後、1917年(大正6年)上京して[4]國民新聞の新聞記者へ転身[5]徳富蘇峰石川武美[6]の知遇を得た。それから主婦の友社大日本雄辯会講談社へ移った[7]。そして1929年(昭和4年)10月20日に独立、野ばら社を設立した。戦中の活動中断はあったが戦後の1946年(昭和21年)、出版業を再開した[8]

戦中の中断期(1943年(昭和18年)から1948年(昭和23年)まで)を除き、子供向け時事解説書、『児童年鑑』を発行した。この『児童年鑑』は、昭和32年版まで続いた。同時に『学友年鑑』や『昭和年鑑』も発行していた。戦中まで第一線社の名前で発行した『学友第一線』は時事解説を目的とした学習雑誌だった。また、創業者の文蔵は同郷の書家高塚竹堂と交友があり、高塚による手本書などをよく発行した[9]

概要[編集]

所在地[編集]

脚注[編集]