野上弥生子文学記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野上弥生子文学記念館(のがみやえこぶんがくきねんかん、英語: Nogami Yaeko Literature Museum)は、大分県臼杵市浜町にある作家野上弥生子の記念館。1986年に開館した。

概要[編集]

野上弥生子の生家(小手川酒造[1])の一部を改修し、1986年(昭和61年)9月に開館。夏目漱石からの書簡をはじめ、弥生子の幼少の頃から亡くなるまでの遺品約200点を展示。少女時代の勉強部屋も見学できる。

小手川酒造の蔵元が隣接しており、そちらも年中無休で見学できる[2]

利用案内[編集]

  • 所在地:〒875-0041 大分県臼杵市浜町538
  • 開館時間:9:30 - 17:00
  • 休館日:年中無休
  • 入館料:大人(高校生以上)310円、小人(小中学生)150円
    団体割引(20名以上100人未満) 大人250円、小人130円

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1855年(安政2年)創業。当時、酒造りの閑散期に造っていた味噌・醤油が現在のフンドーキン醤油株式会社の前身となっている。
  2. ^ 8:30から17:00まで。なお麦焼酎「白寿」は野上弥生子の白寿(99歳)を記念して1984年に販売開始された。参照:小手川酒造