野上素一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野上 素一(のがみ そいち、1910年1月29日 - 2001年2月4日)は、日本イタリア文学者・イタリア語学者。京都大学名誉教授。

人物[編集]

野上豊一郎弥生子夫妻の長男として東京府(現・東京都)に生まれる[1]東京帝国大学文学部言語学科卒業後、日本とイタリアの交換留学生となり、ローマ大学に入学、1936年、講師となるが、戦争が勃発し、1943年、イタリアの敗戦でドイツに移住。1945年、ドイツの敗戦で収容所に入れられる。のち、アメリカの軍艦で帰国。

1946年、京都帝国大学文学部イタリア語イタリア文学講座講師、1947年、助教授、1950年、日本ダンテ学会を設立し、会長となる。1954年、京都大学文学部イタリア文学科主任教授。1964年、イタリア語・日本語辞典『新伊和辞典』編纂で毎日出版文化賞受賞。ボッカチオデカメロン』完訳の業績もあり、またダンテ研究にもとりくんだ(「神曲・新生」訳は筑摩書房・世界古典文学全集35)。日本イタリア京都会館を設立、初代理事長に就任。

物理学者の野上茂吉郎は弟[1]、哲学者の長谷川三千子は姪に当たる[1]。妻は煙草商として財を成した千葉亀之助の娘[2]。亀之助の義父すなわち妻の祖父は渋沢成一郎[1]。京大での教え子には小松左京がいる[3]

著書[編集]

  • 『イタリア語入門』岩波書店 1954年
  • 『イタリア語四週間』大学書林 1964年
  • 『ダンテ その華麗なる生涯』新潮選書 1974年
  • 『ダンテ』清水書院 1981年

翻訳[編集]

  • ボッカチオデカメロン 十日物語』(全6冊)岩波文庫 1948年 - 1959年
  • ジュセッペ・ベルト『空は赤い』角川書店 1951年
  • カルロ・ゴルドーニ『宿屋のおんな主人』岩波文庫 1951年
  • ポール・アリーギ『イタリア文学史』白水社〈文庫クセジュ〉 1958年
  • ガブリエーレ・ダヌンツィオ『死の勝利』(全2巻)岩波文庫 1961年 - 1963年
  • ダンテ・アリギエリ『神曲新生』筑摩書房 1962年 -
    世界文学大系〈6〉/世界古典文学全集〈35〉/筑摩世界文学大系〈11〉で刊
  • パンフィロ・ジェンティーレ『イタリア現代史』世界思想社 1967年
  • ダンテ『神曲 詩と絵画にみる世界』(訳著)社会思想社 1968年
    • ダンテ『神曲物語』現代教養文庫 1984/文元社 2004年
  • ボッカチオ『デカメロン物語』社会思想社〈現代教養文庫〉 1969年/文元社 2004年

編纂[編集]

  • 『図解イタリア語会話』海文堂 1963年
  • 『新伊和辞典』白水社 1964年

参考文献[編集]

  • 小谷野敦『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集幻冬舎幻冬舎新書〉、2007年9月30日第1刷発行 ISBN 978-4-3449-8055-6
  • 野上素一「イタリア学への道」(若き日の人と学との出会い-8-)『知識』1982年10月号
  • インタヴュ-・野上素一先生に聞く『イタリア学会誌』1997年10月号

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『日本の有名一族』、125頁、127頁。
  2. ^ 『日本の有名一族』、127頁。
  3. ^ 『日本の有名一族』、125頁。