野並村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野並村
廃止日 1889年10月1日【明治22年】
廃止理由 合併
現在の自治体 名古屋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
野並村役場
所在地 愛知県
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

野並村(のなみむら)は、かつて愛知県愛知郡にあった

現在の名古屋市天白区の一部(天白町野並・野並・笹原町の一部など)に該当。

地名由来[編集]

「鳴海野に並ぶゆへに野並といふなり」

鳴海野とは鳴海潟(古くは阿由知潟という干潟)の野原という意味。(尾張国地名考)[1]

歴史[編集]

愛知郡村邑全図の野並村(寛政期)
  • 1601年(慶長6年)2月4日 - 『尾張国領主松平忠吉家老の小笠原吉次が、大宮司千秋李信通して、大宮司家領野並村一郷の指出提出を庄屋に命ず』と小笠原吉次書状に野並村の名称が伺える。(千秋家文書/熱田神宮文書)
  • 1601年(慶長6年)2月7日 - 『徳川家康大宮司千秋李信に大宮司領を安堵し、三河国高橋群舞木村と尾張国海東群下田村・丹羽郡赤目村三ケ村の賛地として、尾張国愛智郡野並郷一円を山ともに給料す』と伊奈忠次書状写に野並の名称が伺える。(伊奈忠次書状写/熱田神宮文書)[2]
  • 1872年(明治5年)4月2日 - 尾張藩後の名古屋県愛知県と改称とともに、野並村が第二大区第十小区に属する。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 、島田村、野並村が合併し、島野村が発足し野並村は廃止。
  • 1974年(昭和49年)11月15日 - 昭和区天白町大字野並の一部により野並一丁目から同四丁目が設置。
  • 1975年(昭和50年)2月1日 - 天白区成立に伴い、同区に所属。
  • 1978年(昭和53年)9月23日 - 天白町大字野並および緑区鳴海町の各一部が野並三丁目に編入。

参考文献[編集]

  • 熱田神宮文書
  • 伊奈忠次書状写
  • 千秋家文書上巻40号
  • 千秋家文書中巻317号
  • なごやの町名 (名古屋市計画局)
  • 天白区の歴史 (愛知県郷土資料刊行会)
  • 尾張国地名考


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 尾張国地名考”. 2016年3月4日閲覧。
  2. ^ 中世熱田社の構造と展開”. 2016年3月4日閲覧。


関連項目[編集]