野口元大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

野口 元大(のぐち もとひろ、1929年5月26日-2016年12月2日[1])は、国文学者。

略歴[編集]

長野県小諸市生まれ。旧制松本第二中学校(現長野県松本県ヶ丘高等学校[2]、旧制松本高等学校を経て、東京大学文学部国文学科卒、同大学院修了。都立高校教諭を経て、1960年熊本大学助教授、1974年茨城大学教授、1982年上智大学教授、1992年「夜の寝覚研究」で東大文学博士。この間、文部省にて主任教科書調査官を務める。2000年定年、名誉教授[3]中古文学会創立に関与し、編集委員長などを務めた。中古物語、特に「うつほ物語」「夜の寝覚」などを専門とする。

著書[編集]

  • 『古代物語の構造』1969 有精堂選書
  • 『うつほ物語の研究』笠間書院 1976
  • 『夜の寝覚研究』1990 (笠間叢書)
  • 『王朝仮名文学論攷』風間書房 2002

編纂・校訂など[編集]

  • 『平安和歌叢 第1』九州大学文学部国語国文学研究室(西日本国語国文学会翻刻双書)1962
  • 竹取物語』(新潮日本古典集成) 1979
  • 『鑑賞日本の古典 伊勢物語・竹取物語 宇津保物語』 尚学図書 1981
  • 『うつほ物語』(校注古典叢書)明治書院 1985-1995
  • 細川幽斎選集 源氏物語聞書』徳岡涼共編 続群書類従完成会 2006

出典[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ おくやみ・野口元大氏:東京新聞
  2. ^ [昭和22年旧制二中第20回卒 P95.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  3. ^ 上智大学 名誉教授一覧 2000.4.1