野口兼資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1947年

野口 兼資(のぐち かねすけ、1879年(明治12年)11月7日 - 1953年(昭和28年)10月4日)は、シテ方宝生流能楽師。本名、野口政吉(のぐち まさきち)。

経歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。16世宝生九郎知栄の高弟。野口家は名古屋の宝生流の旧家で祖父野口庄兵衛に養われ、7歳で初舞台を踏み,14歳以降,16世宝生九郎の弟子となる。その薫陶を受けた。

難声ながら強靭で気品のある芸風は幽玄で,本三番目物にすぐれ,名人の名をほしいままにした。 著書に『黒門町芸話』 (1943) ,『兼資芸談』 (53) がある。

幽玄な芸風で、松本長と並び称された。1950年日本芸術院会員。

福岡市住吉能楽堂で『隅田川』演能中に脳溢血で急逝。

1948年4月、「姨捨」により日本芸術院賞を受賞した[1]

著書に『黒門町芸話』 (1943年) ,『兼資芸談』 (53年) がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』1948年4月29日(東京本社発行)朝刊、2頁。

関連項目[編集]