野口隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野口 隆(のぐち たかし、1912年3月30日 - )は、日本社会学者広島大学名誉教授。 京都帝国大学文学部史学科卒。1962年、「ギュルヴィッチ[要曖昧さ回避]社会学の研究」で九州大学文学博士[1]。広島大学教授1976年定年退官、名誉教授、佛教大学教授、広島修道大学教授。

著書[編集]

  • 『古代社会と思惟 社会学的考察』関書院 1954
  • 『ギュルヴィッチの社会学』関書院 1955
  • 『多元弁証法と社会学』関書院 1960
  • 『ギュルヴィッチ社会学の研究』関書院 1961
  • 『日本の社会と思想 古代から近代へ』汐文社 1966
  • 『一般社会学の諸問題』関書院新社 1972
  • 『動的社会学』晃洋書房 1975
  • 『社会学の視座 社会構造・変動・類型と視座』晃洋書房 1981
  • 『続・社会学の視座』広島修道大学総合研究所 1981
  • 『芸術社会学の理論』広島修道大学総合研究所 1983
  • レヴィ=ストロースとその周辺 構造分析批判』晃洋書房 1986
  • 『古代日本人の思考様式 記紀風土記の神話社会学的研究』葦書房 1992
  • モース社会学の研究』葦書房 1992
  • 『巨星高田保馬博士』くらすなや書房 1999
  • 『人間実存の研究 パスカルメルロ=ポンティ高田保馬とともに』晃洋書房 2006
  • 『人間性の研究 深さの人間学』晃洋書房 2007

共著[編集]

翻訳[編集]

  • アルマン・キュヴィリエ『社会学』三一書房 1964

記念論集[編集]

  • 『野口隆博士還暦祝賀記念論文集』広島社会学研究会 1973

出典・脚注[編集]

  1. ^ ギュルヴィッチ社会学の研究 野口隆”. 国立国会図書館. 2012年10月31日閲覧。