野地温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Hot springs 001.svg野地温泉
温泉情報
所在地 福島県福島市土湯温泉町字野地
座標 北緯37度40分7秒
東経140度16分9.3秒
座標: 北緯37度40分7秒 東経140度16分9.3秒
交通 鉄道 - JR東日本東北新幹線福島駅より福島交通バススカイライン経由福島駅行き約60分、野地温泉バス停下車
車 - 東北自動車道福島西ICより国道115号福島県道30号本宮土湯温泉線経由
泉質 単純硫黄温泉(硫化水素型)
泉温(摂氏 50.3 ℃
湧出量 108.6L/分
pH 6.18
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 1
総収容人員数 318 人/日
外部リンク 土湯温泉観光協会公式ホームページ
テンプレートを表示

野地温泉(のぢおんせん)は、福島県福島市土湯温泉町(旧国陸奥国、明治以降は岩代国)にある温泉

泉質[編集]

  • 源泉名 : 野地温泉1号
  • 単純硫黄温泉(硫化水素型)
  • pH = 6.18

効能[編集]

  • 温泉固有の適応症
    • 慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧病、動脈硬化病

効能はその効果を万人に保証するものではない。

温泉地[編集]

磐梯朝日国立公園内に野地温泉ホテルが存在する。福島県道30号本宮土湯温泉線(国道115号の旧道)に沿い、標高1,200mの高所にある温泉地ながら通年営業している。一軒宿の日帰り入浴の値段は周辺の他の温泉よりも割高なだが、休憩所などの設備が整っており、風呂の種類も多い。ちなみにこのあたりは福島市だが、福島市の市外局番「024-5」ではなく、隣の耶麻郡の市外局番「0242」が使用されている。

無線中継施設[編集]

福島県、福島市内テレビ局は会津地方へ電波を送る為、当地に無線中継施設を設置している。

福島県総合情報通信ネットワーク:野地中継所
型式:10M×12M×4M反射板
完成:1986年9月完成
施工:電気興業株式会社
  • NHK福島放送局・吾妻固定局(FM)
FPU受信基地併設
型式:10M×10M反射板
完成:1962年12月完成
納入:日本電気株式会社
製作設計:電気興業株式会社

アクセス[編集]

関連項目[編集]