野家啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

野家 啓一(のえ けいいち、1949年2月21日 - )は、日本哲学者。専攻は、科学哲学東北大学名誉教授、東北大学総長特命教授、元日本哲学会会長。

宮城県仙台市出身。東北大学理学部物理学科在学中に廣松渉の論文「マッハの哲学と相対性理論」を読んだことが「物理学から哲学へ変わるきっかけとな」[1]り、東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎理論に進学。その後大森荘蔵に師事する。分析哲学科学哲学から現象学さらには西田幾多郎高橋里美といった日本の哲学までにわたる、幅広い論稿がある。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1976年4月 南山大学文学部助手
  • 1977年4月 南山大学文学部講師
  • 1979年9月 プリンストン大学客員研究員(1980年8月まで)
  • 1981年4月 東北大学文学部助教授
  • 1991年4月 東北大学文学部教授
  • 2000年4月 東北大学大学院文学研究科教授
  • 2003年4月 東北大学大学院文学研究科長・文学部長(2006年3月まで)
  • 2005年4月 東北大学副学長(人文社会科学担当 2006年4月より男女共同参画・学術情報担当 図書館長兼務)(2008年3月まで)
  • 2008年4月 東北大学理事(広報・校友会・学術情報担当 図書館長兼務)
  • 2013年3月 東北大学を定年退職(理事就任により、定年が1年延長されていた)。同大より名誉教授の称号を授与された。
  • 2013年4月から現在まで 東北大学教養教育院総長特命教授[1]
  • 2019年6月から現在まで 河合文化教育研究所主任研究員(所長・木村敏)

学外における役職[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言語行為の現象学』(勁草書房, 1993年)
  • 『無根拠からの出発』(勁草書房, 1993年)
  • 『科学の解釈学』(新曜社, 1993年/ちくま学芸文庫(増補), 2007年/講談社学術文庫(改訂), 2013年)
  • 『物語の哲学――柳田國男と歴史の発見』(岩波書店, 1996年/岩波現代文庫, 2005年)
  • 『クーン――パラダイム』(講談社, 1998年)
    • 『パラダイムとは何か――クーンの科学史革命』(講談社学術文庫, 2008年)
  • 『科学の哲学』(放送大学教育振興会, 2004年)
    • 『科学哲学への招待』(ちくま学芸文庫, 2015年)
  • 『歴史を哲学する』(岩波書店, 2007年/岩波現代文庫, 2016年)
  • 『はざまの哲学』(青土社, 2018年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『哲学の迷路――大森哲学批判と応答』(産業図書, 1984年)
  • 『ウィトゲンシュタインの知88』(新書館, 1999年)
  • 『ヒトの科学(6)ヒトと人のあいだ』(岩波書店, 2007年)

共編著[編集]

  • (丸山高司・小川侃)『哲学の現在(1)知の理論の現在』(世界思想社, 1987年)
  • 木田元栗原彬丸山圭三郎)『コンサイス20世紀思想事典』(三省堂, 1989年)
  • (木田元・村田純一・鷲田清一)『現象学事典』(弘文堂, 1994年)
  • 新田義弘・丸山圭三郎・子安宣邦・三島憲一・丸山高司・佐々木力村田純一)『岩波講座 現代思想』(岩波書店(全16巻), 1993年-1994年)
  • 井上達夫川本隆史中岡成文)『岩波新・哲学講義』(岩波書店, 1997年-1999年)
  • 大橋良介)『西田哲学選集』(灯影舎, 1998年)
  • 廣松渉・子安宣邦・三島憲一・宮本久雄・佐々木力・末木文美士)『岩波哲学・思想事典』(岩波書店, 1998年)
  • (鷲田清一)『20世紀を震撼させた100冊』(出窓社, 1998年)
  • (大橋良介)『「哲学」――「知」の新たな展開』(ミネルヴァ書房, 1999年)
  • 竹中興慈・岩渕康民)『アメリカを知る技法』(宝文堂出版, 2003年)
  • (木村敏)『自己と他者』(河合文化教育研究所、2013年)
  • (木村敏)『臨床哲学とは何か』(河合文化教育研究所、2015年)
  • (木村敏)『生命と死のあいだ』(河合文化教育研究所、2017年)
  • (木村敏)『人称をめぐって』(河合文化教育研究所、2019年)

訳書[編集]

関連人物[編集]

  • 車谷長吉 - 車谷の随筆にしばしば友人として名が出てくる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大森荘蔵セレクション. 平凡社. (20110509)