野寺正一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
のでら しょういち
野寺 正一
本名
生年月日 (1886-10-05) 1886年10月5日
没年月日 (1939-06-30) 1939年6月30日(52歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市深川区元町(現在の東京都江東区
身長 159.1cm
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1901年 - 1938年
配偶者
主な作品
酒中日記
『琵琶歌』
家族会議
人妻椿

野寺 正一(のでら しょういち、1886年10月5日 - 1939年6月30日[1])は、日本の俳優である[2][3][4][5][6][7][8]。本名同じ[2][4][5][6][7][8]新派を経て、松竹蒲田撮影所で活躍した戦前の貴重な名脇役である[5][6][7][8]

経歴・人物[編集]

1886年(明治19年)10月5日東京府東京市深川区元町(現在の東京都江東区)に生まれる、とされている[2][3][4][6][7][8]1924年(大正13年)に発行された『映画新研究十講と俳優名鑑』(朝日新聞社)には、生年は「明治十九年五月十一日」(1886年5月11日)、生地は東京市日本橋区(現在の東京都中央区)である旨が記されている[5]。幼少期から芝居を好んでいた[6][7]

1901年(明治34年)5月、中学校を中退して新派俳優の本田小一郎の門下となり初舞台を踏む[2][4]。本田の来歴については明らかでないが、『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』(映画世界社)が発行された1934年(昭和9年)の時点では、すでに故人であるという旨が記されている[8]。また1937年(昭和11年)に発行された『俳優大鑑』(歌舞伎書房)によれば、生年月日・享年(数え年)は明らかにされていないものの、「明治卅八年十一月五日死」(1905年11月5日死去)であるという旨が記されている[9]。1907年(明治40年)、自ら喬生団、玉操団、正操団などの新派劇団を組織して、関東地方東北地方を中心に巡業するが、同年に解散して東京市の各座に出演する[2][3][4][6][7][8]

1915年(大正4年)7月、M・カシー商会製作のサイレント映画『山つつじ』で映画デビュー[4]。1917年(大正6年)4月には松竹合名会社専属俳優になり、辰巳劇場、本郷座などの舞台に出演していたが、1921年(大正10年)3月1日、小林商会を経て松竹蒲田撮影所に入社[2][3][4][6][7][8]。以後、温厚な老け役として重宝され『酒中日記』『琵琶歌』などの現代劇・時代劇に多数出演した。また『現代俳優名鑑』など、一部の資料によれば、東京市浅草区芝崎町32番地(現在の台東区西浅草)から後に東京市蒲田区蓮沼町(現在の東京都大田区蓮沼町及び蓮沼1〜3丁目辺り)に住み、身長は5尺2寸5分(約159.1センチメートル)、体重は14 貫(約52.5キログラム)、妻ありと記されている[4][6][7][8]

1938年(昭和13年)6月9日、松竹大船撮影所が製作した島津保次郎監督映画『愛より愛へ』が確認出来る最後の出演作品である。以後の消息は不明[2][3]とされていたが、『中央新聞』1939年(昭和14年)7月1日付の新聞にて、6月30日に盲腸炎のため、数え年54歳(満52歳)で死去したと報じられている[1]

出演映画[編集]

  • 山つつじ(1915年、M・カシー商会
  • 毒草(1917年、小林商会
  • 酒中日記(1921年、松竹蒲田
  • 思ひ妻(1921年、松竹蒲田)
  • 魔の森(怪死美人)(1921年、松竹蒲田)
  • 法の涙(1921年、松竹蒲田)
  • ゆく雲(1921年、松竹蒲田)
  • 己ケ罪(1921年、松竹蒲田)- 環の父・箕輪伝造
  • 琵琶歌(1921年、松竹蒲田)
  • 闇の路(1921年、松竹蒲田)
  • 二人妻(1921年、松竹蒲田)
  • 旭光照波(潮の朝)(1921年、松竹蒲田)
  • 疑の谷(1921年、松竹蒲田)
  • 金色夜叉(1922年、松竹蒲田)
  • 渡り鳥(1922年、松竹蒲田)
  • 乳姉妹(1922年、松竹蒲田)
  • 母の心(1922年、松竹蒲田)
  • 祇園夜話(1922年、松竹蒲田)
  • 孝子啓助(1922年、松竹蒲田)
  • 想夫憐(1922年、松竹蒲田)
  • 想出の唄(1922年、松竹蒲田)
  • 輝きの道へ(1922年、松竹蒲田)
  • 祭の夜(1922年、松竹蒲田)
  • 愛の楔(1922年、松竹蒲田)
  • 底なしの湖(1922年、松竹蒲田)
  • 悔恨(1922年、松竹蒲田)
  • 恵まれぬ人(1923年、松竹蒲田)
  • 山の線路番(1923年、松竹蒲田)
  • 自活する女(1923年、松竹蒲田)
  • 人肉の市(1923年、松竹蒲田)- 北京望月楼主人・袁天元
  • 大東京の丑満時 喜劇篇(1923年、松竹蒲田)
  • 天を仰いで(1923年、松竹蒲田)
  • 剃刀(1923年、松竹蒲田)
  • 実説国定忠治 雁の群(1923年、松竹蒲田)
  • 大地は怒る(1923年、松竹下加茂
  • 南の漁村(1923年、松竹下加茂)
  • お姫草(1923年、松竹下加茂)
  • 子供の世界(1924年、松竹蒲田)
  • 無花果(1924年、松竹蒲田)
  • 骨盗み(1924年、松竹蒲田)
  • 旋風(1924年、松竹蒲田)
  • 感じの好い映画集 《渚》(1924年、松竹蒲田)
  • 美濃屋の娘(1924年、松竹蒲田)
  • 水車小屋(1924年、松竹蒲田)
  • 海潮音(1924年、松竹蒲田)
  • 島に咲く花(1924年、松竹蒲田)
  • 悪太郎(1924年、松竹蒲田)
  • 仙人(1924年、松竹蒲田)- 仙人B
  • 逆流に立ちて(1924年、松竹蒲田)
  • 城ケ崎の雨(1924年、松竹蒲田)
  • 呪はれたる操(1924年、松竹蒲田)
  • 新己が罪(1925年、松竹蒲田)
  • 幻を追ふて(1925年、松竹蒲田)
  • 夕の鐘(1925年、松竹蒲田)
  • 椿咲く国(1925年、松竹蒲田)
  • 和蘭蛇お滝(1925年、松竹蒲田)
  • 悲しき恋の幻想(1925年、松竹蒲田)- 山の老魔
  • 自然は裁く(1925年、松竹蒲田)
  • 村正小町(1925年、松竹蒲田)
  • 前代未聞の仇討(1925年、松竹蒲田)
  • 御詠歌地獄(1925年、松竹蒲田)
  • 寂しき路(1925年、松竹蒲田)- お菊の父・源助
  • 正ちゃんの蒲田訪問(1925年、松竹蒲田)
  • 鈍急之進(1926年、松竹蒲田)
  • 悩ましき頃(1926年、松竹蒲田)- 良路の父・作路
  • お園(1926年、松竹蒲田)
  • 修羅八荒(1926年、松竹蒲田)- 銀八
  • 街の人々(1926年、松竹蒲田)
  • お坊ちゃん(1926年、松竹蒲田)- 重役・羽田健太郎
  • 八百屋お七(1926年、松竹蒲田)
  • 悲恋心中ケ丘(1926年、松竹蒲田)
  • ヴェニスの船唄(1926年、松竹蒲田)
  • 唐人殺し(1926年、松竹蒲田)
  • 夢の小判娘白ま浪(1926年、松竹蒲田)
  • 恋と意気地(1926年、松竹蒲田)
  • 仇討走馬燈(1926年、松竹蒲田)
  • 妖刀(1926年、松竹蒲田)- お若の父・庄兵衛
  • 怒りの刃(1926年、松竹蒲田)
  • 黒髪夜叉(1926年、松竹蒲田)- 弥六
  • 暗闘(1927年、松竹蒲田)
  • 地下室(1927年、松竹蒲田)
  • 奴の小万(1927年、松竹蒲田)
  • 久造老人(1927年、松竹蒲田)
  • 九官鳥(1927年、松竹蒲田)- 家主加助
  • 高田の馬場(1927年、松竹蒲田)
  • 緋紗子の話(1927年、松竹蒲田)
  • 艶魔(1927年、松竹蒲田)- 伊勢屋徳兵衛
  • 魔道(1927年、松竹蒲田)
  • すね者(1927年、松竹蒲田)- 弥兵衛老人
  • 人玉お半(1927年、松竹蒲田)
  • 白虎隊(1927年、松竹蒲田)- 老僕・甚五
  • 秋草燈籠 お露の巻・小萩の巻(1927年、松竹蒲田)- 但馬屋主人
  • むさゝびの三吉(1927年、松竹蒲田)- 若狭屋太左衛門
  • 懺悔の刃(1927年、松竹蒲田)- 山城屋庄左衛門
  • 懐しの母(1927年、松竹蒲田)
  • 子に泣く(1927年、松竹蒲田)
  • 恋模様二人娘(1927年、松竹蒲田)
  • 果報は寝て待て(1928年、松竹蒲田)
  • 故郷の空(1928年、松竹蒲田)
  • 恋愛二人行脚(1928年、松竹蒲田)
  • をとめ心(1928年、松竹蒲田)
  • 舞台姿(1928年、松竹蒲田)- 実父・囃し方佐吉
  • 森の鍛冶屋(1929年、松竹蒲田)- 向う鎚・佐藤忠三
  • 春容恋達引(1929年、松竹蒲田)- 杵屋孝左衛門
  • 大都会 労働篇(1929年、松竹蒲田)機関庫主任・野間二三郎
  • 父の願ひ(1929年、松竹蒲田)- 老医師・岡村先生
  • スポーツ精神(1930年、松竹蒲田)
  • 麗人(1930年、松竹蒲田)- 八兵衛
  • 若者よなぜ泣くか(1930年、松竹蒲田)- 上杉家爺や
  • 餓鬼大将(1931年、松竹蒲田)- 塚本村長
  • 愛よ人類と共にあれ(1931年、松竹蒲田)- 庶務係・片山
  • 街の浮浪者(1931年、松竹蒲田)
  • かがやく愛(1931年、松竹蒲田)- 桶屋の三平
  • 人生の風車(1931年、松竹蒲田)- 浮浪者
  • 俺も男だ(1931年、松竹蒲田
  • 七つの海 処女篇・貞操篇(1931年、松竹蒲田)- その父
  • 青空に泣く(1932年、松竹蒲田)- 伯父
  • 海の王者(1932年、松竹蒲田)- 喜平
  • 忠臣蔵(1932年、松竹下加茂) - 堀部弥兵衛
  • お小夜恋姿(1934年、松竹蒲田)- お小夜の伯父
  • 殴られた河内山(1934年、松竹下加茂)- 高木小左衛門
  • 私の兄さん(1934年、松竹蒲田)- めし屋の主人
  • 春琴抄 お琴と佐助(1935年、松竹蒲田)- 医者
  • 若旦那 百万石(1936年、松竹蒲田)- 父・平左衛門
  • 家族会議(1936年、松竹大船)- 弥兵衛
  • 朧夜の女(1936年、松竹大船)- 町内の旦那
  • 君よ高らかに歌へ(1936年、松竹大船)- 鯨屋源兵衛
  • 男性対女性(1936年、松竹大船)- 水上平吉
  • 人妻椿(1936年、松竹大船)- 嘉子の父・勉蔵
  • 荒城の月(1937年、松竹大船)- 善助
  • 愛に生きるもの(1937年、松竹大船)
  • 進軍の歌(1937年、松竹大船)- 老職工
  • 愛より愛へ(1938年、松竹大船)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『中央新聞』昭和14年7月1日付。
  2. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集 男優篇』 キネマ旬報社、1979年、445頁。
  3. ^ a b c d e 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、452頁。
  4. ^ a b c d e f g h 『現代俳優名鑑』 揚幕社、1923年、26頁。
  5. ^ a b c d 『映画新研究十講と俳優名鑑』 朝日新聞社、1924年、142頁。
  6. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』 映画世界社、1928年、73頁。
  7. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』 映画世界社、1929年、95頁。
  8. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』 映画世界社、1934年、95頁。
  9. ^ 『俳優大鑑』 歌舞伎書房、1937年、321頁。