野尻哲史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野尻 哲史(のじり さとし、1959年 - )は日本のエコノミストメリルリンチ日本証券調査部副部長などを経て、フィデリティ退職・投資教育研究所所長。

経歴[編集]

岐阜県加茂郡白川町出身。岐阜県立白川高等学校(現岐阜県立加茂高等学校)理数科を経て、1982年一橋大学商学部卒業。吉野昌甫ゼミ及びストローム会所属[1]

山一証券経済研究所ニューヨーク事務所駐在アナリスト、山一証券社長秘書役、メリルリンチ証券会社東京支店調査部リサーチ・マーケティング・マネジャー、メリルリンチ日本証券調査部副部長を経て、2006年フィデリティ投信に入社。2007年からフィデリティ退職・投資教育研究所所長。[2][3][4][5]

著書[編集]

  • 『株式市場の「死」と「再生」―米国に学べ金融リテールビジネス』(経済法令研究会、1999年)
  • (翻訳)エドウィン・J.パーキンス著『ウォール街を蘇らせた男チャールズ・メリル』(東洋経済新報社、2001年)
  • 『投資力』(日経BP社、2002年)
  • 『退職金は何もしないと消えていく──60歳から「経済的自由」を手にする投資勉強法』(講談社、2008年)
  • 『なぜ女性は老後資金を準備できないか』(講談社、2009年)
  • 『老後難民 50代夫婦の生き残り術』(講談社、2010年)
  • 『1万人アンケートでわかった40代のサイフ』(宝島社、2012年)
  • 『50歳から始めるお金の話―映画『草原の椅子』より』(小学館、2013年)
  • 『日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」』(講談社、2014年)
  • 『あなたの老後資金、大丈夫? 定年に備えるお金の教科書』(学研パブリッシング、2014年)
  • 『貯蓄ゼロから始める安心投資で安定生活 』(明治書院、2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 「【連載】『あの人の学生時代。』 ♯7:フィデリティ投信株式会社 野尻哲史「学生は自由闊達に」」マイナビ学生の窓口 2017年06月28日 13時00分
  2. ^ 「退職後年収を合理的に想定できているか」証券アナリストジャーナル 2008.10
  3. ^ 「老後の備え、大切さ説く」岐阜新聞 2010年12月22日
  4. ^ 「マンスリー・セミナーのご案内」i-owa
  5. ^ 「若年層の資産形成」証券アナリストジャーナル 2013.1